*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.29 (Wed)

清酒に着残りゲーム 第3話-33

「だからって、ななちゃんの気持ちまでも否定するのは違うんじゃない?」
「・・・・しつこいな・・おまえ、姫条に怒られるぞ」
「そりゃ、ななちゃんに確認したわけじゃないけど、恋愛感情じゃないにしろ、ななちゃんはあんたのこと好きだと思うよ?」
「恋愛感情抜きだったら、オレだって姫条のことは好きだぞ?」

これも嘘だ
根拠は?って言われてもわからないけど
なんか・・・うん
恋愛感情を持つことを拒否しているような気がする
だって、私を見ているようなんだもの

「オレのことはどうでもいいんだよ、おまえがどうするんだよ」
「私・・・私は・・・」
「お前こそ、鳥居が好きなら受け入れてしまえばいいだけだろ」
「・・・・でも」

顔を下げてもじもじしていたら
氷室に軽く頭を叩かれた
「何するの!」と頭を上げたら
氷室はすでに屋上の扉の前にいた

「もう面倒だから帰るわ あとは適当にがんばれ」
「ちょっと!」

後ろを向きながら、手をひらひらと振って
氷室は屋上を出て行ってしまった

がんばれって
どうがんばれって言うのよ!





続く


応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説3話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。