*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.27 (Mon)

青春生き残りゲーム 第3話-32

「じゃあ、あんたはどうなの?」
「オレ?何が?」
「あんたはななちゃんのこと、いつ好きだってわかったの?」
「はぁ?」

はぁ?じゃないでしょ
私そんな変なこと聞いてないでしょ
何なのその顔
眉間にシワなんか寄せて、変な顔して

「オレ・・・別に姫条のこと好きじゃないけど?」
「はぁ?そんなわけないでしょ!あんだけベタベタしてるのに!」
「ベタベタ・・・・?」

好きじゃない?嘘だ
最近のななちゃんと氷室の関係は
本人たちが何と言おうが「恋人」だ
気が付けばいつも2人でいるし
距離も近いと思う
付き合っていないとしても、お互いが好き合っていると思っていた
それなのに、違うと!?

「オレが、姫条と一緒にいるのは・・・まあ、保護者みたいなものだ」
「保護者?同級生なのに?」
「・・・オレはそういうつもりだし、姫条だってオレのことをどうこう思っているなんてないと思うぞ」
「・・・そうかな・・・」

どうも釈然としない
氷室は絶対に嘘をついている・・気がする
そりゃ、私に本当のことを言う必要なんかないだろうけど
でもさ





続く


応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説3話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。