*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.25 (Sat)

青春生き残りゲーム 第3話-31

朝だからか、屋上に人はまだいない
安心して私は頭の中でごちゃごちゃしたことを
氷室に吐き出した

「・・・認めろよ」
「何を?」
「好きなんだろ?鳥居のことが」
「嫌・・」
「何でだよ」

だって、私は鳥居のこと何も知らない
生徒会の後輩で
しつこくて、変にポジティブで
どんなに拒否しても迫ってくる

それなのに、急に顔を赤くして
あんな表情見せて

「私、鳥居のことよくわからないし」
「あのなぁ」

「知らないから好きになれないんじゃなくて」
「知りたい、気になるから好きになるってこともあるんだよ!」

バカだろ、おまえ
とでも言いたいような顔の氷室
ムカつく、何よバカじゃないわよ!

ただ、この気持ちを
恋と言っていいのかが
分からないだけだよ



続く


応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説3話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。