*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.19 (Sun)

青春生き残りゲーム 第3話-28

「香奈ちゃん!今日は生徒会あるの?」
「今日はないよ」
「じゃあ、みんなで帰ろうよ!ななちゃんがおいしいクレープ屋見つけたんだって」
「いいね、行こうか」
「和馬くん!香奈ちゃん行けるって!」
「本当?みんなで行ったほうが楽しいもんね」

まどかと和馬はなんてお似合いなんだろう
美男美女というのは言うまでもないけど
空気がいいよね、ほのぼのしていて

「行こう!」とまどかに腕を引っ張られて玄関に連れて行かれた
そこにはすでにななちゃんと氷室、そして森村くんが待っていた
何やら氷室と森村くんが揉めている

なんだ?と思って近づくと
ななちゃんの隣を歩くか歩かないかで争っている

森村くんって、いつななちゃんのこと好きになったんだろう
1年生のころはそんなそぶりまったくなかった
けど、2年生に上がるころにはななちゃんに付きまとっていて
ものすごく好き!というオーラを出していた
鈍いななちゃんは全然気づいていないけど

どこで気づくの?
友達として好きというのと
異性として好きの境目はどこなの?
なんでみんなそれができるの?

「・・・・・・ごめん、私やっぱり帰る」
「香奈ちゃん?どうかした?」
「ううん!なんでもない!誘ってくれたのにごめんね!」

頭が混乱してきた!
許容量オーバーだ
今はとりあえず休みたい!




続く


応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説3話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。