*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.11 (Sat)

青春生き残りゲーム 第3話-23

「相当キてるね」
「そうだね、何を聞いても「いや」「別に」しか言わないし」

昨日からずっと悩んで
ご飯もノドを通らない、睡眠も十分にとれなかった
相変わらず鳥居からメールや電話が来たけど
全部無視した
家の電話は受話器を上げてつながらないようにした

誰かに振り回されるのは好きじゃない
早く解決してしまいたい
こんなに考えているのに、どうして答えが出ないんだろうか

「あ、姫条先輩に天ノ橋先輩だ!ちーっす」
「・・・・ちーっす・・・じゃないんだけど」
「え・・・姫条先輩?」
「能天気な顔しやがって、ちょっとツラ貸しな」
「天ノ橋さん・・・?」


なんだ?ななちゃんとまどかと・・・
なんで鳥居がいるの!
そしてなんで2人はまた鳥居を囲んでいるの!


「なんなんですか!2人とも怖いですよ!」
「怖くない、怖くない」
「ちょっとお姉さんたちとお話ししましょうよ、ね?鳥居」
「嫌ぁぁ!」


「ちょっと待った!何をしてるの2人とも!」
「チッ、気づかれたか」
「チッってななちゃん!」

「ちょっと話を聞きたかったの」
「話って」
「鳥居が香奈ちゃんのこと、どう思っているのかなって」

なんでそれを2人が聞くのよ!



続く


応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説3話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。