*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.03 (Fri)

青春生き残りゲーム 第3話-19

氷室を捕まえて
私は今まであったことを全部話した
もやもやしている私の気持ちも全部

「で?どうしたいんだ?有沢は」
「どうしたいも、こうしたいも、どうすればいいかわかんないの!」
「その鳥居ってやつは有沢のことが好きなんだろ?それに有沢がどう答えるか、それだけじゃないのか?」
「でも!言葉でちゃんと聞いたわけじゃないのに、行動なんかできないでしょ!」

相談相手を間違えた・・・?
なんか全然答えが出ない

「なんかさ」
「なによ」
「はっきりさせて、傷つくのが怖くて言い訳しているように聞こえる」
「・・・・・はぁ?何それ!」

「姫条が言うように、嫌なら嫌ってはっきり言えばいいんだ」
「だから・・・」
「自分がやめてほしいって言うのに、相手の言葉を待つ必要なんかないだろ?」
「それは・・・」

そのとおりだと思った
自分が本当に嫌なら、嫌だって言えばいいだけだ
それなら私は・・・

「本当に嫌だったら、有沢の性格上、とっくに解決しているだろ?」
「何が言いたい」
「そうしないのは、少なからず鳥居のことを気にしているんじゃないのか?」
「そんなこと・・・」

にやにやする氷室に
私はなんだか居心地が悪くなった
やっぱり相談相手を間違えた


続く


応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

21:56  |  青春小説3話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。