*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.01 (Wed)

青春生き残りゲーム 第3話-18

裏庭には誰もいなかった

お弁当を食べながら
ななちゃんとまどかに言われたことを思い出す

嫌ならフレばいい
そうしないということは香奈ちゃんも鳥居が好き?

フレばいいと言うけど
考えてみれば、はっきりと「付き合って」や「好き」と言われたわけじゃない
それなのに「付き合えないから」や「好きじゃないから」と言っていいものなのか
それこそうぬぼれにならないか?
どうなんだろう、わからなくなってきた

「あぁぁぁぁぁぁ!!!」

考えても答えが出るわけもなく
もやもやした感情が変な声になって溢れ出してしまった

「・・・・・」
「・・・・・」

そして、なんでこんなタイミングで人と会ってしまうんだろう

「見たのね、氷室・・・」
「見ました・・・なに?優等生の雄叫び?」
「バカなこと言うな!」

最近、ななちゃんと急に仲良くなった氷室玲一
正直、私は彼が少し苦手だ
何を考えているかわからないし

でも、なんとなくだけど
私よりは恋愛経験はありそうだ
もうこの際、私のもやもやを解消してくれるなら
誰でもいい!
すがる思いで私は氷室に言った

「救世主!」
「は!?」
「迷える子羊を助けなさい!」
「・・・・それが人にものを頼む態度か?」



続く


応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説3話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。