*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.21 (Sun)

青春生き残りゲーム 第3話-13

「ちょっと!土曜日の遠征の報告書まだ提出してないでしょ!早く出しなさいよ!」
「・・・・うるさい・・・」

私に話しかけてきたのは
同じ生徒会メンバーの「高井雅美」

中学生の時から何かとライバル視されていた
私はそれがウザいと思っている、非常に!
今も何かと突っかかってくるし
生徒会長選挙だって、私が推薦されたのが面白くなくて
高井も立候補する始末
あれは面倒だった・・・

「だから!ボーっとしてないで早くしなさいよ!」
「提出期限まだでしょ」
「私の仕事が片付かないのよ!」

あぁ、本当に面倒
今は鳥居の相手だけでも大変なのに
いちいちどうでもいいことで突っかかってこないでほしい

「だったらあんたが生徒会長になれば?」
「ちょ・・・」
「そっかー落ちたんだもんね!ごめんごめん!」

わざとらしく嫌味を言ってみる
これくらい言ってやらないと気が済まない

「その話題いつまでも出さないでくれない!ムカつくんだけど!」

ムカつくのなら、最初から突っかかってこないでほしい

はぁ・・とため息をつくと
遠くから誰かが走ってくる音が聞こえた


続く


応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説3話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。