*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.17 (Wed)

青春生き残りゲーム 第3話-11

「・・・・つまり、オレは脈なし?」
「そうね、そういうことよ」

「でも、まだチャンスはあるよね?」
「なんでそうなるのよ」
「だって、香奈ちゃん彼氏いないし?好きな人もいないでしょ?」
「だからなんなのよ!」

いちいちイライラするしゃべり方をするな
私は早くバスに戻って
一刻も早く家に帰って
お母さんが用意してくれている、おいしいご飯を食べたいのよ!

「もう帰るよ!みんなを待たせたら迷惑だし」
「待って!」

鳥居くんに腕をつかまれて、体を引き寄せられた
彼の顔がものすごく近くにあって
思わず視線を逸らす
そのとき、頬に柔らかいものが触れた

頬にキスをされた・・・・?

「な・・・・んの冗談?」
「・・・・いいね」

いいねって何よ!

「いいねその顔、オレそういう困った顔大好き」
「はぁ?」

「さ、バスに戻りましょ?みんな待ってますよ?」
「・・・・・こいつ・・・・」

一体なんなのよ!


続く


応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説3話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。