*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.13 (Sat)

青春生き残りゲーム 第3話-9

「大丈夫でした?」
「ありがとう・・助かった」
「いえいえ、それにしても有沢さんってモテすぎじゃないです?」
「そう?たまたまよ」

「えー?またまたぁ」とにやにや笑って私の隣に並ぶ
その笑顔にまたイラッとしたけど
ここでムキになると相手のペースに飲まれそうになるから
必死に平静を装う

「オレ知ってますよ?昨日は・・・屋上?その前は裏庭」
「は?」
「相手は3年生と1年生・・・卒業した先輩からも呼び出しされてましたよね?」

鳥居くんが言っていること
それは、私が告白された場所と人
ななちゃんとまどか以外に話た覚えはない
それをなぜ鳥居くんが

「知ってるのよ!」

学年が違う上に、生徒会以外で接点がない彼が
どうして私のことをこんなに知っているの?

「そりゃぁ・・・」


「いつも見ているから、有沢さん・・・・ううん・・・香奈ちゃんをね?」



続く


応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説3話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。