*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.11 (Thu)

青春生き残りゲーム 第3話-8


「ちょっと顔がかわいいからって調子に乗るなよ!」
「別に!調子になんて乗ってないけど!そっちこそ!自分のことかっこいいってうぬぼれてるんじゃないわよ!」

私をつかむ手にさらに力が入る
細くて華奢に見える
いかにも文化部!って体系の癖に、力は割とある
どうしよう、どうやって抜け出そう

廊下の角から鳥居くんの姿を見つけた
助けてもらうのは癪だけど、そんなことは言っていられない

「と・・・」りいくんと声を出そうとしたら
彼は唇に人差し指を当てて「シー」というポーズをした
言われるがままに言葉を飲み込むと
彼は静かにこっちに近づいて
あっという間に、私から彼を引きはがした

「・・・・白昼堂々とナンパです・・・か!」
「うわぁ!」

私の手首をつかんでいた彼の手を引っ張り上げ
背中へ回し、関節技を決める

「ナンパする相手が悪すぎですよ?」
「いた!いたぁぁ!」
「もう、うちの会長に変なことしないでくださいね?」
「わかった!わかったから!痛い痛い!」

「それじゃあ、バイバイ」と彼を開放すると
「覚えてろよ!」とどこかの悪者か!というような捨て台詞をはいて
廊下の向こうへ行ってしまった



続く


応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説3話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。