*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.09 (Tue)

青春生き残りゲーム 第3話-7

会議は無事に終了した
正直、身になる話なんてあまりないけど
これも仕事だし、仕方がない

みんなが会議室から出るのを確認してから
私も席を立った

「やあ、お疲れ様」
「どうも」

ドアを開けてすぐに
東高の生徒会長が立っていた
正直に言うと、苦手だこの人
話は長いし、しつこいし、ナルシストっぽい
外見は・・・そこそこいいほうなんだろうけど
和馬や森村くんを間近で見ているせいなのか
よくわからなくなっている

「これを機に、もっと北高と交流をしたいと思うんだけど、どうかな?」
「はぁ・・・それじゃあ顧問に言っておくね」
「いや、君の連絡先を教えてよ?そのほうが早いでしょ?」
「どうして?学校の交流なら先生同士が話すほうがスムーズでしょ?」
「それは、そうかもしれないけど、じゃあ、僕と友達になってよ?それならいいでしょ?」
「・・・・嫌」

話がそれだけなら・・と
私は彼に背を向けて歩き出そうとしたが
ギュッと強い力で手首をつかまれて
その動きを止められた

「な・・・に?」
「番号くらい教えたっていいだろ!もったいぶるな!」

あーもう!しつこい男はこれだから嫌なんだよ!


続く


応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説3話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。