*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.26 (Tue)

青春生き残りゲーム 第2話 おまけその2-4

「・・・・天の橋さん・・・たぶん変なこと考えていると思うんだけど・・・」
「考えるわよ、こんな時間に男女が一緒にいるなんておかしいじゃない!付き合ってるの!?」
「それはない・・・ただ、オレが姫条の優しさに甘えたってだけ・・・誓って変なことはしていない!」

「・・・・・本当?」
「本当!天の橋さんが姫条のこと大事にしているように、俺も大事にしたいから、変なことして縁を切りたくないんだよ」


へぇ・・・へぇ、へぇ、へぇ!
氷室そんなこと考えてたんだ
うん、まぁ・・・ここまで言うんだから何もしてないんだろうな

「・・・とりあえず、信用するわ!」
「よかった・・・・じゃあお礼はまた学校に行ったときにする」
「お礼は明日もらうわ、あんたも肝試し参加してよね!」
「はぁ?」
「私と和馬くんだけでもいいんだけど、ななちゃんを守る人は多いほうがいいわ!」
「なんのこと・・・」
「森村からななちゃんを守るのよ!大事なんでしょ?ななちゃんが?」
「・・・・・・・・わかったよ・・・・じゃあな」

「あ、ちょっと待って」
「なんだよ?」
「今日はななちゃんに何もしてないって信じるけど、これから先ななちゃんに変なことしたら絶対に許さないから、覚えておいて?」

「・・・・・・・・・わかった・・・肝に銘じておく」

ななちゃんが無事だとわかってホッとした
けど、何で氷室と一緒にいるんだ?しかも寝てるってなんだろう
ななちゃんと氷室の間に何があったんだろう
氷室は絶対に教えてくれないだろうし、ななちゃんもきっと教えてはくれないだろう

二人の秘密なんだろうな
だから私が聞いちゃいけないことだろう
でもね氷室覚えておいて
私は氷室だろうが森村だろうが
ななちゃんにひどいことをしようとするなら

絶対に許さないということを!

ななちゃんは私のかけがえのない親友だから
ななちゃんのことをちゃんと守ってくれる人が現れるまで
彼女を守るって誓っているということをね!



第2話終わりました
次回から第3話です

まどかと氷室を絡ませるのが楽しかったです


続く

応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説2話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。