*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.24 (Sun)

青春生き残りゲーム 第2話 おまけその2-3

パパさんがパニックにならないように、うちにいることにしたけど
本当は今どこにいるんだろう
香奈ちゃんではない・・和馬くんとも一緒じゃない
じゃあ・・・森村か氷室!?

ななちゃんの携帯に電話してみるけど出てくれない
メールも打ったけど返信がない

意味もなく部屋をぐるぐる回っていたら
また携帯が鳴った
氷室・・・?氷室が私に電話するなんて初めてだ
まさか・・・・


「もしもし?」
「あ・・・天の橋さん?オレ、氷室だけど」
「氷室・・・・・まさか!あんた今ななちゃんと一緒なんじゃないでしょうね!!」
「へ?なんでわかった?」
「マジか!あんたななちゃんに何をした!」
「なんで何かしたって前提なんだよ!何もしてねーよ!」


私はさっきななちゃんのパパさんから電話が来たことを説明した
すると氷室はホッとため息をついた
なに安心してんだこの野郎!


「何?その安心したような溜息」
「いや、天の橋さんに姫条と一緒にいるって姫条の親父さんに言ってもらえないかなと思ってたから」
「ななちゃんは何してるの?」
「・・・・詳しくは話せないけど、寝てる」
「寝てる!!!!なんでよ!!!」
「だから!詳しくは話せないけど寝てるんだって!!」

詳しく話せないってなによ!
おかしいとは思ってたのよ
前から氷室って何かとななちゃんのこと気にかけている素振りあったし
しかもここ最近は一緒にいるところよく見るし
くそ!要注意人物は森村だけじゃなかったか!



続く

応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説2話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。