*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.12 (Tue)

青春生き残りゲーム 第2話-39

しゃがみ込んでいる森村くんのそばに和馬とまどかが寄っていく
和馬は何やら慰めているように見えるけど
まどかは森村くんに追い打ちをかけているようにも見える

だって、まどかが何かつぶやいたら
森村くんさらにしゃがみ込んでしまった
何を言っているんだろう・・・

ボーっとその光景を眺めている私に氷室が話しかけてきた
なんかにやにや笑っている
何を言われるんだろう・・・

「・・・・鈍いうえに、意味の分からん解釈するな・・姫条は」
「鈍いってなにさ、私そんなに鈍くないよ」
「じゃあ、なんで真があんなこと言ったりやったりするかわかってる?」
「それは、氷室のことが好きだからでしょ?」
「ほら、全然わかってない」

フッとあざ笑う氷室にムカっとして
「バカにするな!」って軽く背中をたたいた
でも、いつもの氷室だ
よかった

「なに笑ってるんだよ」
「氷室、元気になってよかった」
「・・・・・恥ずかしいことを言うな!」

あはは、照れてる
かわいいな氷室

「こらー!そこの2人いちゃいちゃするな!」

しゃがんでいた森村くんが勢いよく立ち上がって
私たちのところに走ってきた

「やっぱり森村くん氷室のこと!」
「だからなんでそうなるんだー!!」


続く

応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説2話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。