*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.02 (Sat)

青春生き残りゲーム 第2話-34

シャワーを浴びながら
昨日からの行動をなぞる

呼び出されて、抱き着かれて
氷室の家に無理やりついて行って
寝室に忍び込んで
氷室の失恋話を聞いて
添い寝を頼まれて
いつの間にか眠ってしまい朝になった

これってお泊りだよね?
友達とはいえ、男の家に一人で泊まったってことだよね?
あれ?私なんかすごいことしてる?

いやいやいやいや
友達だから!友達の家に一人で泊まるなんて普通のことだから!

だめだ、お風呂にいるとついつい余計なことを考えてしまう
時間もないし、さっさと出て、支度しよう

「よし!」

とりあえず気合いを入れて浴室をでた
用意された服は女の私が来ても大丈夫そうなものだった
でも少しサイズが大きいかな
腕が余っちゃう、当たり前だけど私よりもずっと大きいんだよな氷室
服から氷室のにおいがする
なんだろ、恥ずかしくなってきた
シャンプーの香りも氷室のにおいだし、私今全身氷室に包まれてるみたいだ

うわ!自分で考えてなんだけど、すっごい恥ずかしい!
あぁ、もう!昨日からどれだけ顔真っ赤にすれば気が済むの私!




続く

応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説2話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。