*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.28 (Thu)

青春生き残りゲーム 第2話-33

食べ終わって食器を片付けると
時間はとっくにお昼を過ぎていた
あ・・・そういえば今日は
みんなと肝試しするって約束だったんだ

肝試しは夜だけど
昼はみんなでカラオケにでも行こうって和馬言ってたっけ
待ち合わせの時間は・・・やばいあとちょっとしかない

まず家に帰ってシャワーを浴び・・・ダメだ
昨日からまどかの家にいることになっているのに
家に帰れない
どうしよう、髪もぼさぼさだし、服はよれよれだし・・・

「どうした?」
「・・・・・もう少しで約束の時間なのに、髪も服もぐちゃぐちゃで、どうしようかと・・」

この際、髪だけ整えて
まどかに着替えを持ってきてもらおうかな・・・

「シャワー使えば?」
「え?」
「うちのシャワー使えばいいじゃん」
「え、でも・・・・着替えもないし、ちょっと」
「必要なもんはコンビニで買えばなんとかなるだろ?服はオレのでよければ小さいのもあるし」
「でも」

でもお風呂を借りるのはなんかちょっと恥ずかしいというか

「じゃあ、そのよれよれぼさぼさのままで出かける勇気あるのか?」
「ありません・・・」
「大人しくシャワー使っていきなさい」
「はい・・・」

はいと返事をしつつも、なかなか移動しない私を見かねた氷室は
無理やり浴室に私を放り込んだ
ご丁寧にタオルと着替えまで用意して

恥かしいけど、ここは覚悟を決めてシャワーを浴びますか!


続く

応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説2話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。