*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.12 (Tue)

青春生き残りゲーム 第2話-25

え・・・えぇ!
それって、つまりそれっていうのは・・・

「あぁ、セ「言わんでいい!」

聞きたくない!そんな言葉を氷室の口から聞きたくない!
そんなの聞いてしまったら恥ずかし死する

そ、それにしてもそんな関係が本当にあるとは
森村くんなら納得だけど
氷室っていうのが意外、びっくり・・・

「氷室が元気ないのと、その人が何か関係あるの?」
「・・・・」
「む、無理には聞かないけど」

本当はすごく聞きたいけど
無理に聞いていい話じゃないと思う
氷室を直視できなくて視線を下に向ける

「聞きたいって顔してる」
「見えないでしょ!あっ!」

思わず顔をあげてしまって、氷室と目が合う
やばい、顔が熱い・・絶対真っ赤だ恥ずかしい

「話すけど、聞く?」
「・・・・・・うん」
「じゃあ、話すぞ?」

氷室は体を私のほうにむきかえて
ゆっくりと彼女とのことを話し出した



続く

応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説2話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。