*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.10 (Sun)

青春生き残りゲーム 第2話-24

携帯の電源を落とした、誰かの着信に邪魔されたくない
ポケットに携帯をしまって
ノックをせずに静かにドアを開ける
部屋の奥には大きいベッド
その真ん中に氷室がうつぶせで横になっていた

そっと近づいて氷室の顔を覗き込む
眉間にシワを寄せて目を瞑っている

「氷室?寝てるの?」
「・・・・姫条!なんだ!なんでここに!」
「一人でいると変なこと考えちゃうでしょ!だから一緒にいたほうがいいかなって」
「だからって男の部屋に、しかもベッドに上がってくるな!
オレだからいいものを!もし真だったら何されるかわからないぞ!」


「何?照れてるの?彼女いるんだから慣れてるでしょ?」

そうだ、それこそ彼女がいるんだから
私じゃなくて彼女を呼べばいいんじゃないのかな?
それとも彼女と何かあったのかな?
休んでいたのは風邪じゃなくて、彼女とのトラブルか何かだったとか?
恋愛関係の相談は苦手だけど
氷室のためならなんとか頑張ってみる!

「は?それ誰に聞いた?」
「森村くん」

「わ、私を呼んだのは彼女に言えない悩みでもあるんじゃないの?」
「・・・・真、ヤキ入れる・・・絶対入れる・・・」
「氷室にはたくさんお世話になったし、今度は私が何かしてあげたいんだ!」
「彼女じゃない」
「え?」
「真が言ってたのは彼女じゃない」

「体だけの関係なんだよ、相手には婚約者がいるしな」



続く

応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説2話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。