*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.29 (Tue)

青春生き残りゲーム 第2話-18

携帯の画面に「氷室玲一」の文字が表示されている
氷室だ!

風邪、もうよくなったのかな?

「もしもし!」

やばい、久しぶりの電話がうれしくて大声だしちゃった
恥かしい

「もしもし?今大丈夫か?」
「大丈夫 氷室こそ風邪は?もういいの?」
「あ・・あぁ、まあ・・・」

なんだろう、歯切れが悪い
まだ治ってないのかな

「それよりさ、姫条今から出てこれる?」
「え?今?」

時計を見る、まだ8時前
お父さんはこれから彼女さんがくるから家を空けても気づかない

「大丈夫!どこに行けばいい?」
「・・・・・じゃあ、姫条の家の近くの公園・・そこにいる」
「わ、わかった!すぐ行くから!」

電話を切ってクローゼットの中の服を適当に着る
携帯と財布、それから家の鍵を持って家を出た
お父さんは・・よし、彼女と話をしてるから気づいていない

風邪をひいている氷室を待たせちゃいけないと
公園まで急がなくちゃ!


続く

応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説2話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。