*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.17 (Thu)

青春生き残りゲーム 第2話-12

私が氷室に何かを作ってあげたいのは
ぎゃふん(何この古典的な表現)と言わせたいのと
お礼をしたいというのもあるんだよね

さっきみたいに和馬と自然に話をできるようになったのは
本当に氷室のおかげなんだ
氷室がいつも一緒にいてくれたから早く立ち直れたんだと思うんだ
でもそれを素直に言うことができないから
何かしらの形でしたいなって思ったんだ

まあ、それを思ったのは
氷室に啖呵切った後なんだけどさ


氷室のことは好きか嫌いで言えば好きだ
でもそれは、まどかのことが好き、香奈ちゃんのことが好きというのと同じだ
和馬と同じような好きではない
多分、氷室も同じだと思うんだ
だから私たちはお互いを友達だと思っている
氷室は私を女として意識していないはずだ

まあ、夜遅くなれば家まで送ってくれたり
重たいもの持ってくれたり
車道側歩かせないようにしたりとか気遣ってくれるとか
優しくはしてくれるけど・・・・


「顔・・・あつぅ・・・」

なんで氷室のこと思い出して顔熱くなってるんだ!
あーもう!森村くんが、周りの人間が好きとか付き合ってるとか言うから
変な意識しちゃったじゃん!
あぁ、もう!やんなっちゃう


続く

応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説2話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。