*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.13 (Sun)

青春生き残りゲーム 第2話-10

だが、問題は場所だけじゃなかった

「次の土日だめだ・・・バイトが入ってるどっちも」
「私もその日、西高との合同会議があるから無理だわ」
「えぇ!氷室と香奈ちゃんこれないの!?」

「じゃあ、別の週にしようよ和馬くん」
「うーん、来週だとオレバイトなんだよね」
「来週は家族いるからうちは無理だな」

じゃあやめようと言おうと思ったんだけど
和馬とまどかはすっかりその気だ
だったら2人でお泊りでもなんでもして!って思ったけど
付き合い始めだし、いきなり2人は恥ずかしんだろうか・・・
でもなぁ

「まどかと和馬でななちゃんを森村くんから守れるの?」
「そこはオレも気になる、2人のすきをついて姫条襲われるんじゃないのか?」
「襲われるって・・・そんなわけないじゃん・・・」

襲われるは物騒だけど
夜通し森村くんからスキンシップを受けるのは嫌だ
氷室や香奈ちゃんがいればまだいいけど

「姫条は・・・もう少し自覚を持ったほうがいいと思うぞ?」
「自覚?何を?」
「これだから・・・人のことばっかり聡くなってもだめだろ・・」

氷室はため息をつきながら私の頭をぐりぐりなでる
なんだよ、言いたいことあるならはっきり言えばいいのに

「まぁ、オレも時間とれるようだったら行くから」
「うん・・・・」


続く

応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説2話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。