*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.07 (Mon)

青春生き残りゲーム 第2話-7

私にぴったりとくっついて離れない森村くん
それを一生懸命引き離そうとする和馬
そしてギャラリー
私たちが完全に見世物になっていたとき
ギャラリーの奥からうずうずしいオーラが見えた

「・・・・・も~り~む~らぁーーーーーー!」
「まさか」
「よかったぁ」
「救世主だ!よかった!ヒメ!」


ギャラリーから出てきたのは
拳を握り、美少女にあるまじきオーラをまとっているまどかだった

「てめぇ・・・またななちゃんに触りやがって・・・許さん・・・」
「ちょっ!待て!」

まどかを見た森村くんがあわてて私から手を放す
ようやく解放された私は和馬の後ろに隠れた

「逃がすかー!」
「やめてー!!!!」



森村くんの叫び声と、バキィという打撃音が
昼休みの中庭に響いた


続く

応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説2話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。