*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.05 (Sat)

青春生き残りゲーム 第2話-6

森村くん、本名「森村真(もりむら しん)」は、私と氷室のクラスメイトで
和馬と氷室の友達
ついでに言うと、去年の学校祭でミスター北高No2をとるくらい美形だ
ファンクラブがあるとか、他校に彼女が十数人いるとか
そのほかにもいろいろと女性のうわさが尽きない人だ

ただのクラスメイトというだけなら私にはどうでもいい話なんだけど
私は困っている
彼のスキンシップという名のおさわりに
非常に困っている
肩とか手とか頭とかすぐ触る
この前なんか抱きつかれそうになった
それはまどかが助けてくれてなんとかなったけど

「いたた・・・」
「ご、ごめんね・・近すぎて驚いちゃって」
「いいんだよ、これは真の自業自得ってやつなんだから」

和馬って、森村くんには容赦ないような気がする
普段優しいから余計にそう思うんだろうか・・・

ひどいことを言われているはずの森村くんだけど
そんなことは一切に気にしていないようで
ニコッと笑い、私の腕をがっしりつかんだ

「!?」
「ヒメがキスしてくれたら治るから、チューして?口にね?」
「はぁ!?」

こういう冗談も本当に困っている
どうやって返せばいいの?こういう時
そりゃ、森村くんはモテるからね
そういうこともさらっと言えるんだろうけど
私にはどうしていい分からない

「ほら、早くぅ」
「やだ!やめてよ!」

またしても森村くんの過剰なスキンシップが始まる
口をとがらせ、顔を近づけてくる
離れようと思ったら、がっちりと体をつかまれて逃げられない

「真!いい加減にしろよ!」

和馬が森村くんを引きはがそうとしてくれるが
完全ホールド状態で全然離れない

「うるせー!和馬には関係ない!」
「いやー!やめてー!!!」

周りにいた人たちが私たちに注目している
写真を撮ったりくすくす笑ったり
私の悪口言ったり

そんなのどうでもいいから助けてー!



続く

応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説2話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。