*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.03 (Thu)

青春生き残りゲーム 第2話-5

「玲一をぎゃふん?」
「そう、ということで氷室の好きな食べ物教えて」

昼休み、和馬を中庭に連れ出して聞き込み調査を開始する
悲しいことに、氷室の好きな食べ物がオニオンリングくらいしかわからない
あと、炭酸が苦手っぽいことと、コーヒーはブラックくらいしかわからないのだ

「うーん、何が好きっていうのもよくわからないなぁ」
「えぇ、私よりずっと一緒にいるでしょ?なんかないの?」
「だって、学校ではいつもよもぎ蒸しパンと焼きそばパンしか食べないし」
「外に食べに行くって言っても決まったもんしか食べないし・・・」
「そ・・かぁ・・」

昨日は心配して損した!とか思ったけど
やっぱり心配だ
なんだそのワンパターンな食事は!
まぁ、好きなものは分かったけど
蒸しパンと焼きそばパン作ってどうするよ・・・

どうしようかと悩んでいたら
肩にずしっという重みが乗る
「はぁい、ヒメ!なんの話してるの?」
この声と、この行動
こんなことするのは彼しかいない!

「森村くん!!いきなり近づくのやめてって・・・」

名前を呼んで振り向くと、思った以上に彼の顔が近くにあった
びっくりしたんだ私はそうびっくりしただけなんだ
だから、私は悪くないんだ・・・

「キャー!」という叫びこと一緒に
グーパンチを彼にくらわせてしまったのは事故だと思ってほしい


続く

今年も応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説2話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。