*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.28 (Fri)

青春生き残りゲーム 第2話-3

確かに、氷室と一緒にいる時間が増えた
増えたけど、それがイコール付き合っているという風に思われるのは困る
困るというか恥ずかしい

うぅん・・・う・・・ぅ
どうしよう

「・・・・う・・・」

はぁ、どのくらいの人がこの噂信じているんだろう

「・・・姫条・・」

もう、気にしないのが勝ちかな

「姫条!」
「うわぁ!」
「聞いてるか?」
「あ・・・ごめん、考え事してた、なんだって?」
「また気にしてるんだろ、噂」
「ん・・・うん」
「気にするなって、誰が何やったって噂するんだから」

それはそうだけどさ
でも恥ずかしいじゃん
今まで和馬としか噂になったことないし
好きな人と付き合ってるって噂されるのは
空しさもあるけど、嬉しかったからまあいいんだけど
氷室は本当にただの友達だし
これで2人の間が気まずくなったら嫌だ

「っいた!」
「眉間にシワ、考えすぎ」
「だからってデコピンすることないでしょ!」

はじかれたおでこをさすりながら
氷室をにらみつける
にやにや笑って、くだらないこと考えてるとか思ってるんだ

「オレは気にしてないし、姫条も気にすんな」
「うん」
「姫条は考えすぎなんだよ、もっと気楽にしろよ、禿るぞ」
「は・げ・な・い!」
「そんだけ元気あったら大丈夫だな・・・・いたっ!」

クククと笑う氷室の背中を軽くたたいてやった
本当に一言多いんだから
でも、氷室のこういうところ
嫌いじゃないけど

じゃあなんでたたくかって?
だってそんなこと素直に言ったら調子乗るじゃん!


続く

応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説2話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。