*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.20 (Thu)

青春生き残りゲーム 第1話-27



「普段、男前な姫条が泣く姿って結構貴重だな」
「バカにしてるの?」
「さぁ、それは姫条の考え方次第じゃない?」

憎まれ口をたたきながらも
氷室は私の背中を優しく撫でてくれる
誰かに甘えるって悪くない


「氷室・・・は意外と優しいんだね」
「・・・・それも姫条の受け取り方次第じゃないか?」
「じゃあ、優しい」
「じゃあ、そういうことでいいんじゃない?」
「氷室って優しいけど、ひねくれもの?」
「さあな」

素直じゃないのか、それとも今こうしていることが特別なことなのか
それはわからないけど、少なくとも私はこの優しさに救われている

「ありがとう、氷室」
「素直な姫条って貴重」
「うるさい、バカ」


やっぱり優しいってのは取り消しだ!


第1話終わり おまけに続く


応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説1話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。