*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.16 (Sun)

青春生き残りゲーム 第1話-25

ズキンと大きな音がした
胸が締め付けられる、苦しい
和馬から出る言葉なんて予想できているのに
ダメだな、私は

「・・・ヒメ?」
「私、和馬に親友なんて言ってもらえる資格なんかない」
「どうしたの?何かあった?」

「好きなんだ・・・」
「何が?誰のことが」

「和馬のことが・・・・ずっと好きなんだ!」

目を合わせることができないけど
和馬がどんな顔をしているのかは分かる
驚いてるんだろうな、親友だと思っていた女から
こんなこと言われちゃうんだもの

好きという言葉は、思った以上に重たい
浅くしか息ができない、苦しいのに涙が出ない
でも、ちゃんと言わなきゃだめだ

「だから、今日から本当の親友になりたいんだ」

勇気を出して顔をあげる
思った通りだ、和馬困ってる
ごめんね、困らせてごめん

「だ、めかな・・・」
声が震える、ダメだちゃんとしなきゃダメだ!
和馬は優しいから、気を遣っちゃうから

「ダメなわけない!」
「和馬・・・・?」
「ダメなわけない!どんなことがあったってヒメは親友だから!」
「無理しなくていいよ?私に気を遣わなくていいよ」

両肩をつかまれてグッと距離が近づく

「無理なんかしてない!気だって遣ってない!」
「な・・・んで・・」

なんで和馬が泣きそうな顔してるの

「昨日も今日も明日もずっと、ヒメはオレの大事な友達だよ!親友だよ!」
「か・・・ずま?」
「だからオレは明日も明後日もこれからも、ずっとヒメに話しかけるし、メールだってするし、遊びにだって誘うから」
「うん・・・・うん・・・」
「だからずっと親友でいてよ・・・」

最後は2人とも泣き出してしまった
今日、私と和馬は
本当の親友になった




つづく


応援よろしくお願いします(^▽^)









  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説1話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。