*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.02 (Sun)

青春生き残りゲーム 第1話-18

「氷室さぁ・・・この間からやたらとかまってくるけど、なんなの?」

本当、なんでこんなにかまってくるんだろう
朝から叫ぶわ、引っ張ってくるわでノドが乾いてしまった
とりあえず水分補給をして、それからゆっくり氷室を問い詰めて
そして変なことを言わないように釘を刺さなきゃ

氷室に背を向けて自販機にお金を入れると
後ろから手をつかまれて勝手に動かされて
ピッと自販機のボタンを押されてしまった

「これオレのおすすめ」
「・・・・・なにこれ・・・」

出てきたのは“モロヘイヤ牛乳”
なにこれ?飲んで大丈夫なの?


「姫条ってさ・・・何がしたいの?」
「何って?」

「なんで好きな男の恋愛の世話なんかしちゃうの?不幸な自分に酔いたいの?」
「・・・・?」
「それとも結構軽い気持ちなの?姫条の好きってものは」

は?何それ
何でそんな風に言われなきゃならないの

「オレさ、そういうの見ててイライラするんだよね」

イライラする・・・なんであんたがイライラするの
あんたには関係ないことじゃん
私がどうしようと、氷室には一切関係ないじゃん
私の気持ちも知らないで勝手なこと・・・

「なんで黙るんだよ?言いたいことあるなら言えよ・・・」

今日3度目の暴力を氷室に振るう
パーで顔面を思い切りたたいた
「おまえ!口より先に手を出すのやめ「うるさい!」

「あんたに・・・・あんたに私の気持ちなんか絶対わかんないよ!」




つづく

WEBコンテンツの青春小説大賞終わりました
拍手コメントや応援ポチや投票ありがとうございました!

応援よろしくお願いします(^▽^)









  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説1話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。