*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.08.30 (Thu)

蒼色のとき 最終回

ほんの2日ぶりの

あなたの姿がうれしい

どう思っているのかわからない

どうしてここにきたのかわからない

けど、少し期待してもいいのかな・・・・

私に会いにきてくれたんだって・・・

【More・・・】



直樹くんに会いたくて、授業をサボって駅まで走った
次にくる電車で、直樹くんの学校に向かおうと思っていた

まさかその電車に
直樹くんが乗っているなんて思わなかった・・・・


「直樹くん・・・・・」


「秋・・・・・どうしてここに・・・」




会いたいから、この電車に乗って、直樹くんに会いたいって思ったから
だから・・・ここに


でも、どうして、そのことがちゃんと言えないんだろう・・・・


2日ぶりに顔を見たから?
うれしくて、声が出なくなってるから?


でも、言わなきゃ、伝わらない

私は、あなたにこんなにも会いたかったって・・・


そして

どうして直樹くんがここにいるのかも

ちゃんと聞きたい・・・・




少しは期待していいの?
私に会いに来てくれたって・・・・・





「私・・・・その・・・・」



「学校に、来てくれるとこだったの?」



「う・・・うん・・・・・」


先に言おうと思ったことを
直樹くんに見透かされてしまった・・・

それが少し恥ずかしくて
視線を直樹くんからそらしてしまう・・・・


だって・・・
先に言われてしまったら、どうしていいか分からないじゃん
なんていうか、さっきまでは無我夢中で走っていたから

勢いでなんとでもできそうだったけど
いったんこうして落ち着くと、気恥ずかしくてしょうがない・・・



本当は、直樹くんにすぐにでも抱きつきたいくらい
顔を見れてうれしいのに・・・・

どうしてこういうときに限って素直になれないんだろう・・・



「俺も、秋に会いにきたんだ・・・・だけど・・・ここで会うなんて・・・・心の準備が・・・その、できてないというか」



直樹くんは、顔を赤くして、私と同じように視線を落として話し始めた

あぁ、この姿・・・
いつもの直樹くんだ・・・・


私に、会いにきてくれたんだ


それって・・・・直樹くんも
まだ私のこと
好きだってことだよね・・・・?





「・・・秋?な、なんで泣いてるの?」


会いにきてくれたって思ったら
何かの糸が切れて涙が出てきた

目の前の直樹くんの姿をちゃんと見たいのに
涙で前がかすんでよく見えない


「泣かないで」って言われても
涙が止まらない

2日間、会えなくて散々泣いたのに
涙はかれることを知らない・・・・





「泣かないで・・・・俺まで、泣きたくなってくる・・・・秋が、俺に会いにきてくれるために、ここにきたんだろ?」



「うん・・・・だって・・・連絡とれないし、顔だって・・・見れないし・・・不安で・・・不安で・・・」



壊れそうだった
たった2日会えないだけで

こんなにも
自分がだめな人間なんだって
思い知った


でも、こうして直樹くんが目の前にいる
それだけで、もういい・・・・


壊れそうな体が
しっかり形を戻そうとしてる




「ごめん・・・・ごめん・・・・自分が不安だからって・・・・秋に冷たくして、こんなに泣かせてごめん・・・・」



私は首を横に振る
もういいの・・・
こうしてここにいてくれるだけで
もう、前のことなんてどうでもいい・・・・



「いいの・・・もう・・いいから・・・ギュッってして・・・いつも見たく・・・強く・・・」


両手を広げて
直樹くんからのハグを待った
何も言わなくていいから
だから、直樹くんの体温を感じさせて

それだけで、いいから・・・・


「秋・・・・・!」


直樹くんは
私の体を、その大きな腕ですっぽり包んでくれた
背中に回した手を
力強く閉めた
それだけで、自分の形が分かる



たった2日なのに
もう、ずっと会えなかったように感じる
この体温
におい
感触・・・


私の好きな
直樹くん・・・・・




「俺・・・・秋と卓のこと疑った・・・秋は、一言だって・・・卓のこと言ってないのに、秋の言葉より、卓の言葉を信じた・・・・ごめん、ごめん・・・・・」



そんなこと、本当にもうどうでもいいよ
こうして会いにきてくれて
抱きしめてくれるだけで
私は幸せだから・・・・


こうしてきてくれたのは
私のことを信じてくれたからでしょ?
それだけで
十分だから・・・・




「直樹くん・・・・もう、離さないでね・・・・じゃないと、私だめになる・・・」



「うん・・・もう絶対に離さないから・・・・何があっても・・・ずっと・・・」



抱きしめている腕をさらに強くしめてくれる
もう離さないって
示してくれるように




「・・・・・直樹・・・くん・・・・好きだよ」



「俺の方が好きだよ。秋」


「私の方が好きだよ~~~~」


「いいや!俺の方だよ!!!」




おまえら巷のバカップルか!!ってつっこみが入りそうな会話・・・・
傍から見ていたら恥ずかしいけど・・・


こんなことがまたできるようになるなんて
思ってなかったから


私たちは顔を見合わせて
思わず噴出してしまった


「どっちも好きでいいのにね」

って、直樹くんは笑った


うん・・・私たちは
お互い好きあってるもんね

それでいい・・・・




「また泣く・・・・泣き虫・・・・」



「いいもん・・・泣いたら、直樹くんが涙を拭いてくれるんでしょ?」


これからもずっと・・・・


「うん・・・・ずっとね・・・・」






初めて会ったときは・・・
なんてきれいな人だって思った・・・・



電車で落ちそうになったのを
助けてくれて

それから
話をするようになって

一緒に出かけて


私なんか、不釣合いじゃないかって
落ち込んで・・・
でも、直樹くんが好きだって気づいて
直樹くんの学校に押しかけて・・・


お互い両想いだって分かって

初めてキスをした・・・・



それが私たちの始まり


それから1年

ずっと一緒だったね・・・・


花沢くんのことで
お互い不安になったけど・・・・

もう、絶対に
この手を離さないから・・・・



今度こそ、本当に
お互いを信じられるから・・・






「秋・・・・・」



「・・・・私・・・・直樹くんと出会えて幸せだよ・・・・」



「俺も・・・・秋と出会えてよかった・・・・」










直樹くんの顔が
私に近づいてきて

離れていた影が
ぴったり重なって
長く、長く伸びる・・・・・




これからもずっと
一生、一緒にいよう・・・・



「愛してる・・・・」



END











ランキングに参加中です。クリックいただけるとうれしいです。
更新のはげみになります!







人気blogランキングへ



07:46  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

★サクラサル先生!再びこんにちは♪

秋ちゃん!直樹!のお話は完結でしょうか??
もしかして初完結♪おめでとうございます!!!
秋ちゃんと直樹のラブラブ爽やかカップル!!
最高です♪
花沢出現でハラハラし通しでしたが・・二人の絆は強い!!ホッとしております。(^^)v
お互いが駅で見つけたあのシーン・・
最後の抱き合うシーンも印象深いです・・・
お互いを信じ歩んでいけますよね??これで。
これから二人で手を離さず歩んで行って欲しいですね♪ゆくゆくは喫茶店経営かな?(^^)/
次は!やっぱり真由ちゃんと武史の話でしょうか?むふふ・・楽しみです(^^)
古田 |  2007年08月30日(木) 13:08 | URL 【コメント編集】

★No title

こんばんは m(_ _)m
完結、おめでとうございます!!

最終話に辿り着けるよう、これから
読んでいきますね!!

ではでは・・・
ランクアーップのポチ!!
ドダドゥド |  2007年08月31日(金) 02:26 | URL 【コメント編集】

★古田さんへ

完結しました!
今まで読んでくれてありがとうございます!

蒼色はとりあえずこれで終わりですが、
他のキャラで番外編は書いていきたいなと思っています!

これからもよろしくお願いしますね!
サクラサル |  2007年08月31日(金) 08:55 | URL 【コメント編集】

★ドダドゥドさんへ

ありがとうございます!

最終話まで読んだらまた感想聞かせてくださいね!
サクラサル |  2007年08月31日(金) 08:56 | URL 【コメント編集】

★最終回おめでとうございます!

とうとう最終回になりましたね~…
何だかん少し寂しいような…
森永とのあばれっぷりともっとみたかったような(^-^)

なんにしてもお疲れさまでした(^-^)

また次回作を楽しみにしてます(^-^)
大地オサム |  2007年08月31日(金) 09:48 | URL 【コメント編集】

★大地さんへ

コメント遅れました~ごめんなさい!

ようやく最終回を迎えました
ここにいたるまで、何度頭の中でいろんな話がトリップしたことか・・・

今日から新作載せています!
サクラサル |  2007年09月01日(土) 08:51 | URL 【コメント編集】

やっと蒼色を完結まで読み終わりました。

学園恋愛ものは自分も書いてみたいけど、まだ…まだ…修行が足らんですよ(笑)

そのうち取り組むかもしれませんけどね。


秋と直樹が離れ離れになりそうな時、花沢が真実を伝える。
男としてのメンツは保ったよ花沢君!
 
N&E |  2007年11月06日(火) 19:26 | URL 【コメント編集】

N&Eさんへ

蒼色全部読んでくれてありがとうございます。結構長く書いてしまったので・・・・

私は学園恋愛ものはかけるのですが、ファンタジーのほうは難しいです。N&Eさんがうらやましいです。
昔ちょこっと書いたことあるんですけど・・・
サクラサル |  2007年11月06日(火) 23:23 | URL 【コメント編集】

コメントありがとうございました。
とりあえず蒼色のときは読みました☆
高校生でこんなにお互いを好きでいられるなんてすごいって思いました。まだまだ苦い思いしなきゃいけない歳なのに(笑)私としては花沢君が好きですね(笑)というか女性陣は花沢派なんじゃないかな(笑)
くりーーーーーむぱん |  2007年11月08日(木) 23:02 | URL 【コメント編集】

くりーーーーーむぱんさんへ

蒼色最後まで読んでくれてありがとうございます。
高校時代の恋愛って、たぶんこれが至上最高の恋愛って感じかな~と思ったんです。(私がそうでした)これから2人はもっといろんなことにぶつかると思います。
えっと、花沢派ですか?よかったです、花沢を好きという人が現れて
サクラサル |  2007年11月09日(金) 09:37 | URL 【コメント編集】

 こんばんわ、お久しぶりです。
 藍色イチゴです。

 ハラハラドキドキしながら読み進んでいきましたが、最後にはいつものお二人に戻ってくれて、すごく安心しました。
 直樹君と秋さんには、やはりこーいうボノボノ系の雰囲気が似合っていますよ。

 それでは、また。
藍色イチゴ |  2008年07月04日(金) 21:36 | URL 【コメント編集】

藍色イチゴさんへ

最終回まで読んでくれてありがとうです
最後はなんとか2人ラブラブになりました
基本ハッピーエンドが好きなので
もしよければ他の作品も読んでくれるとうれしいです
それでは、私も遊びにいきますね
サクラサル |  2008年07月04日(金) 23:18 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aoironotoki.blog109.fc2.com/tb.php/81-6b163afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。