*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.08.28 (Tue)

蒼色のとき 第7章 トライアングル 第7話

つかまったら最後

どうにかして逃げなくちゃ・・・


真剣な思いは時には鎖・・・


心に絡み付いて


動けなくなる・・・・

【More・・・】

「いや!!」


近づいてきた手を思いっきり叩いた

その一瞬の隙で私は逃げる


早く・・・一刻も早く
花沢くんから離れなきゃ・・・



あの手につかまったら
好きとか嫌いとか
そんなの全然関係なく

私は花沢くんから離れられなくなりそうだった・・・・


同情とか・・・そういうのじゃない

ただ、動けなかった・・・・
悲痛な叫び
受け入れて欲しい思い・・・


催眠術にかかったみたいに
体が動かなかった



でも、なんとか逃げ切った
よかった
もう、戻れなくなるんじゃないかって
そんな錯覚さえ起こった・・・・







「いや・・・・か・・・・」


当たり前だ
彼女の好きな男との仲をごちゃごちゃにして
あげくに
俺の気持ちを受け入れて欲しいなんて

勝手にもほどがある


けど、そうまでしても
俺は彼女を手に入れたかった

あそこまで拒否されるとは
正直思ってなかったけど・・・・


叩かれた手が痛む
真っ赤に腫れて
でも
このあとが
永遠に残ればいいのに・・・




「よう、直樹・・・・その顔、寝てないみたいだな」



「・・・・・誰のせいだと・・・」


直樹はまじめだから、俺が言ったこといつも間に受ける
喫茶店で、「秋ちゃんはあきらかに俺を意識している。それって、常に俺のこと考えてるってことだよな?」

なんて・・・・たわごと、秋ちゃんのことが好きだったら信じなきゃいいのにな
いや、好きだからこそ不安なのかもしれないな・・・

あのころの俺のように・・・・


「・・・・・おまえ、秋ちゃんと連絡とってるか?」



「そんなの、お前に関係ないだろ?」


とってないんだな・・・わかりやすいな
お前も、秋ちゃんも・・・・

今だったら
2人の関係を壊すのは簡単だ

直樹をもっと不安にさせて
秋ちゃんを疑って
別れを切り出すように仕向けるのは簡単だ


だけど、そんなことをして別れさせたって
お互いの気持ちは変わらない

ずっと相手を思い続けるだろうな・・・・


俺のことなんて一生好きにならない

むしろ憎まれるだけだ



最初はそれでもいいと思った

憎まれても手に入るなら
それでいいと思った


それはちがうんだよな・・・・

本当に欲しいのは、体じゃなくて
心なんだから


無理やり引き裂いたって
手になんか入らない


昨日叩かれた
手のあとを眺めて・・・

仕方ないかと
ため息をついた・・・・


もう、友達に戻ることはないかもしれない
けど
最後に

俺のお詫びの気持ちと思って受け取って欲しい・・・・




「直樹・・・・俺さ・・・・昨日秋ちゃんにはっきり拒否された」



「・・・・・・」



「また、前見たくコンビニで待ち伏せして、秋ちゃんに会って、また告白した・・・けどはっきり言われたよ。俺のことは好きにならないって。私が好きなのは直樹くんだけだ!って・・・・」


昨日叩かれた手のあとを見せる
どうだ?これでわかるだろ?

俺は拒否された

さあ、お前はどうする?

それでも秋ちゃんを疑って
連絡とらないで

自然消滅をするのを待つのか?




「・・・・・・・・卓・・・・お前・・・・」


「これからどうするかはお前しだい・・・・俺はもう無理だ・・・まだ好きだけど、受け入れてもらえないんだよ・・・・」



「俺じゃだめなんだ・・・他のやつでもだめだ・・・・お前じゃなきゃ、意味がないんだ」



はやくいってやれよ、そして秋ちゃんを安心させてやってくれ
俺はたくさん傷つけた
お前のことも秋ちゃんのことも
だから・・・・
せめてもの償い

ぐしゃぐしゃにした2人の仲を
また元に戻すのは
俺しかいないだろ?

あつかましいけど・・・・




「ありがと・・・卓・・・・」



「別に・・・・なんてことない」



まだ授業が残ってるのに
あぁ、優等生が授業をサボって学校抜け出して・・・

仕方ない
俺が先生にはうまく言ってやるよ・・・・

直樹・・・・
ちゃんとやれよ・・・・


俺のせめてもの償いを
ちゃんと受け止めてくれよ?


ランキングに参加中です。クリックいただけるとうれしいです。
更新のはげみになります!







人気blogランキングへ


08:12  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

★経験・・・

サクラサル先生!おはようございます♪
とりあえず!!秋ちゃん偉いっ!!(笑)
花沢に関しても、彼は彼で秋ちゃんに恋することで、恋そのものをちゃんと学べたような気が!
トラウマ克服かなぁ?・・今度誰かに恋する時は、ちゃんと真っ直ぐな恋出来るといいなぁ・・。
やっぱり相手はくの一さんでしょうか?(笑)
古田 |  2007年08月28日(火) 09:52 | URL 【コメント編集】

★花沢よ…。

お前は勝手過ぎる…
しかし、お前の気持ちは分かる…。
男って悲しいよな…
大地オサム |  2007年08月28日(火) 10:44 | URL 【コメント編集】

★古田さんへ

花沢の相手はやっぱりくの一さんがいいでしょうか・・・
お互い似ているから付き合ったりしたら、化かしあいで大変そうですね(笑)

えっと、まあ・・・なんというか花沢と秋に関してはこれで決着がつきました!
サクラサル |  2007年08月29日(水) 08:44 | URL 【コメント編集】

★大地さんへ

確かに今までの花沢は勝手すぎですよね。作者自身もそう思います。
でも、今回でようやうく、花沢と秋の決着はつきました!
サクラサル |  2007年08月29日(水) 08:45 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aoironotoki.blog109.fc2.com/tb.php/78-5c658be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。