*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.08.04 (Sat)

蒼色のとき 第5章 幸せの落とし穴 第4話

私に会いにきた
そう言った花沢くん

そしていつもと違った武史・・・・


自分に起こった状況が把握できない

いったい、なんだったんだろうあれは・・・・

【More・・・】


どうして花沢くんは私に会いにきたんだろう・・・・
どうして武史は花沢くんに対してあんな態度をとったんだろう・・・・


う~ん・・・わけがわからん


それより、直樹くんは花沢くんが私の学校にきたこと知ってるのかな?
これ、ちゃんと言ったほうがいいのかな?

う~ん・・・でも、何もなかったし
私に会いにきた理由もよく分からないし

言わないほうがいいかな・・・

いや、でも直樹くんん武史に相談したらしいし
花沢くんのこと心配してたし
ちゃんと言ったほうがいいのかな~

う・・・・ん・・・・



「秋!入るぞ!」


「武史?何?何か用?」



窓越しに武史の声が聞こえてくる
珍しい、武史が私の部屋にくるなんて
なんだろ?



「何?どうしたの?」


「いや、花沢ってやつなんだけど・・・あいつとなんかあったのか?」



「別に?偶然会って一緒にラーメン食べに行っただけだけど?」


「そっか・・・その、何かされたとかはないんだな?」


「何かって・・・・?」



直樹くんも「何もされてない?」って言ってたけど
花沢くんってそんなすぐに女の子に手を出しちゃうタイプなわけ?
いや、そうだとしても私に手を出すわけないし・・・


「まあ、秋に手をだそうなんて奴はそうそういないと思うけど、人にはそれぞれ好みってものがあるからもしかしたらってこともあるから、気をつけろよ?」



「・・・・・あんた、私に殴られたくてきたわけ?お望みどおり殴ってさしあげようか?」



「ばーか!心配してんだよ!これでも一応な!今日のことは俺から直樹に言っておいたから!黙ってばれて変に誤解されたら面倒だろ?」


「ん・・・・そだね・・・」



口は多いけど、武史は武史で私を心配してくれてるんだな・・・

よく分からないけど、今の話から察するに
私、花沢くんに狙われてるってこと?


ごめんなさい!正直よくわからない!
なにせ恋愛経験低いから
男の人からアプローチされていることに気づきません!

そ、そりゃはっきり「好きです!」とか言われれば分かるけど
なんだか遠回りされると分からないよ!


花沢くんの行動を見ても
そんなそぶりまったくないし
あ、でも、わざわざ私の学校まできたってことはそういうことなのかな?


う~~~~ん・・・・やっぱりよくわかんない
だいたい、なんで私なの?

花沢くんだったら周りに女の子たくさんいるでしょーが!!
何も私じゃなくたって
直樹くんの彼女なのに、私・・・・

そんなの、変だよ・・・・


それにあんまり接したことないのに
なんで私を好きになるの?




「それは直樹くんだってそうだったじゃない?秋のこと良く知らないのに好きって告白されてたじゃない」



「う・・・・そ、それはそうだけど・・・・」


「好きになるのに理由なんてないでしょ?それにしても、その花沢くんって人は危険な感じがする・・・」


雲ひとつない快晴!すばらしい秋空!
けど、私の心は曇り空・・・・
なんて詩人みたいなこと言ってみたり・・・

真由に授業サボらせて
ただいま屋上で相談会開催中・・・
何をやってるんだ私は!

ふう、た、確かに・・・・真由のいうとおり
好きになるのに理由なんてないんだけど・・・・

でも、気になるじゃんなんで私なのかって・・・
まだはっきり花沢くんが私を好きって決まったわけじゃないけど


でも、昨日の夜直樹くんから電話がきて
「たぶん、卓は秋ちゃんのことが好きだと思う」って言われて

直樹くんがいうならそうなのかも知れないって思い出したわけで
今後、私は花沢くんに会ったらどう対応すればいいんでしょうか?


そりゃ、告白されたら
きっぱり断るけど・・・

昨日みたいに会いにきたとか
それだけだったら・・・・
なんていえばいいんだろうか・・・


「私直樹くんとつきあってるから花沢くんと会えない!」

って!告白もされてないのに早合点もいいところ!!

これは・・・・パス・・・・


「なんなの?なんか用事?私忙しいんだけど!」


ばか!どんだけ嫌な女なんだよ!
つーか!うぬぼれんなよ!私!


う~パス!


そ、それなら・・・・

「えっと、なんで私に会いにきたの?」



おお!これいいんじゃない?
うぬぼれてないし!嫌な奴じゃないし!
純粋に質問してる感じがいい!!
グッドだよ私!

今度ここに来たらそう言おう!!




「1人で納得してるとこ悪いんだけど・・・・気をつけなよ?勘なんだけど、花沢くんって人、たぶんクセのある人だと思う・・・また、この学校にくるとは限らないし、なんか違う手を使ってくると思うんだ」



「・・・・・・そ、そうかな?ち、違う手って?」



真由・・・目が真剣で怖いよ・・・?
そ、そんなにクセのある人かな?よく分からないけど・・・・
この学校以外で接触するところなんてあるのかな?
私の家なんて知らないよね?
私の携帯番号も知らないよね?



「とにかく!あんまり1人で行動しないこと!帰りは私か伊藤くんと帰ること!いい?」


「は・・・はい!」


半ば強引に真由に約束をされてしまった・・・
なんか変な感じ
いつもは私が真由を守っていたから・・・




そんな約束をしたのにも関わらず
私は今部活に出ています・・・・

はやく終わったとしても18時はまわっちゃうし
まさか・・・待ってないよね?
いくら約束したはいえ
こんな時間まで待ってるわけ・・・・
いや、待ってたら迷惑かけちゃうよね・・・
ちょっと抜け出して玄関に行ってみようかな?


先輩の目を盗んで体育館を出た・・・
すいません!すぐに戻ります!!


さすがに放課後
玄関は静かで、誰かがいる気配がない
良かった・・・今日はもう帰ったかな?


って・・・あれ!?


「直樹くん!?」


「秋ちゃん!部活終わったの?」



「え・・・抜け出してきただけ・・・って!なんでここに?」



だって・・・今日学校にくるなんて連絡もらってないよ?
な、なんでここに・・・・



「武史から聞いたんだ、しばらく秋ちゃんを1人にさせない!ってことだから、今日は俺が迎えにきた。一緒に帰ろう」



「・・・・直樹くん・・・・」


「本当は、毎日こうして守ってあげたいんだけど・・・・学校が違うからなかなかできなくてごめんね?でも、秋ちゃんが部活で、武史や笹木さんが送ってあげられないときは、俺がこうして迎えにくるから」




うわ・・・やば・・・
泣きそう・・・・


直樹くんがこんなに私を思っていてくれてるなんて
うれしくて泣きそうだ・・・



「まだ、部活終わってないんでしょ?言っておいで!ずっと待ってるから」



「うん・・・・ありがと・・・・」



目頭に溜まった涙を右手でぬぐって
私は体育館に戻った


部活はそれからすぐに終わって
抜け出したことは誰にも気づかれなかった
小さくて得したのはこれがはじめてかも・・・


すぐに着替えて玄関に向かった
直樹くんはさっきと同じ位置で私を待っていた

目が合うと
お互い笑顔になる

私は、直樹くんとのこの瞬間がたまらなく好きだ・・・



もしも、もしも花沢くんに告白されたら
ちゃんと断ろう
私は、直樹くんとのこの幸せを
絶対に壊したくないから・・・・




あれから、直樹くんと一緒に帰った
たまたま玄関であってしまったお母さんに捕まって
直樹くんは私の家族と一緒に夕飯を食べて帰った
気のせいじゃなければお父さんとお兄ちゃんが不機嫌だったような気がする
まあ、いいけど



「秋!コンビニで牛乳買ってきて!」

せっかくソファでごろごろしてたのに~


「明日でいいじゃん牛乳なんて!飲んだってもう身長伸びないよ!お母さん!」


「いいから!どうしても今牛乳が必要なの!お願い秋!」



あ~仕方ないな・・・・
行ってきますか

あ、1人で出歩くの禁止だった・・・けどそこのコンビニに行くだけだから大丈夫かな?





私の判断は・・・・正直あてにならない・・・
大丈夫なんて油断もいいところ・・・・


もし、あのときに、武史に一声かけていれば・・・

あんなことは起きなかったかもしれないのに・・・・





ランキングに参加中です。クリックいただけるとうれしいです。
更新のはげみになります!







人気blogランキングへ
07:38  |  蒼色のとき  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

★メイクアップシャドー

サクラサル先生の伏線ビシバシで読者の私は好き放題想像してますが、今回ラストを読んでるなぜか井上陽水の『メイクアップシャドー』が頭の中で流れました…。波乱の予感が…
大地オサム |  2007年08月04日(土) 08:25 | URL 【コメント編集】

★No title

大地さんへ

メイクアップシャドーですか?
どんな歌詞でしたっけ?曲は大体わかるんですけど・・・
旦那に聞いても「ふんふん♪」と鼻歌なので歌詞がわかりません・・・

でも、波乱です!波風立てますよ!!!
サクラサル |  2007年08月04日(土) 09:16 | URL 【コメント編集】

★あんな事ってどんな事?♪

秋ちゃん!!危うし??
あぁああ!!マジでこの後が気になる!!どうなるんだ!!
直樹も花沢になんもせんのでしょうか??気になる~!!!
頑張れ直樹!!
玲一 |  2007年08月04日(土) 23:25 | URL 【コメント編集】

★No title

秋のお父さんとお兄さんはヤキモチ妬いたんですか?
可愛いですね!

うーん( -人-).。oO(・・・・・・)
花沢とか関係なく牛乳買いに行く途中交通事故にあったとかだったら嫌だなぁ・・・
まぁ、とりあえず続きを読んでみます。


yuki |  2007年08月05日(日) 23:38 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aoironotoki.blog109.fc2.com/tb.php/49-859c7bbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。