*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.26 (Wed)

Home sweet home

「結婚!?」



「うん!だから私はアメリカには行かないでここに残る!椿!応援してね!」



朝、私が転校する前にお別れパーティーをしようと言ってくれた椿に
突然結婚宣言をしてしまった


目をぱちぱちさせて椿が驚いている
まあ、当然か・・・・

【More・・・】






「ちょっと待ってよ!なんで結婚?付き合っていて離れたくないから日本に残ります!でいいじゃない!私たちまだ高校生だよ?結婚ってなんなの」



「ううん!結婚しかないんだよ!結婚して私とりゅうちゃんが家族になって、どんなことがあっても絶対に離れられないようにするんだよ!」



「いや、意味わかんないし・・・・・」




うん、確かに結婚なんてしなくてもいいのかもしれない
私が日本に残る!って言えばそれで済んだ話なんだけどさ


でも、りゅうちゃんが決心してくれたこと
私と離れ離れになりたくないからって
考えて考えて・・・それで出してくれた答え
私はそれが本当にうれしかったんだ
だから・・・・


結婚したいって思ったんだ
恋人同士・・・義理の兄妹

そうじゃなくて


結婚して夫婦になって
本当の家族になりたいんだ・・・・



ずっと一緒に
離れることのない

私とりゅうちゃんが求めていた
温かい家庭を作りたいんだ



もちろん、高校生活は全うするつもりだし
大学だって行きたいと思ってる
結婚したからって
親の保護下から抜けられるわけではないんだけど・・・・・


その辺の考えがまだ私は甘いとは思うけど
でも決めたんだ






「ひながそこまで強く思ってるなら、私は何も言えないけど・・・・結婚を認めさせるって並大抵のことじゃないでしょ?パパさんとママさんはなんて言ってるの?」



「もちろん、反対してるよ?だけど絶対に納得させてみせるもん・・・・私、今日学校の帰りにパパさんの会社に行ってみようかと思う」





パパさんを納得させれば
お母さんもきっと賛成してくれるはず

りゅうちゃんいは内緒で
パパさんの会社を今日は訪ねていこう

娘だって言えば
会社内に入れてくれるよね










「ひな!聞いた・・・・結婚、するんだって?」



「げ!会長」



「げ!って何だよ・・・・で?式はいつ?」




本当に、この人はどこからこんな情報を仕入れてくるのだろうか
なぞだ・・・本当に





「っていうか・・・・事情全部知ってるのに聞いてるでしょ・・・・・意地悪っていうんですよ?そういうの」


「そうだな・・・・」



くくくって会長は笑う
本当にこの人は
意地悪をするのが絶対に趣味だな・・・うん





「結婚とは・・・・まあ、思い切った判断にでたな?ま・・・・離婚したらいつでもオレのとこに来い?な?」



「行きませんよ・・・・」




「たとえばの話・・・・これでも応援してやってるんだぞ?」






応援・・・・・?
会長が?

りゅうちゃんと会長仲が悪いのに
うぬぼれじゃないけど

私のことを好きだっていった会長が?


応援・・・・・?



天変地異の前触れかしら・・・
嵐が吹き荒れるのかしら・・・・


恐ろしい・・・・





「おまえ、今すっごく失礼なこと考えただろ」



「いえ、別に・・・・」



「まあ、いいか・・・・お幸せにな?俺の気が変わらないうちにさっさと嫁にいけよ」




最後の最後まで憎まれ口を叩いていたけど
素直に聞いていいんだよね?
応援してくれてるって思っていいんだよね?




ありがとう、会長・・・・












「藤井さん・・・りゅうちゃんと結婚するって本当?」



「へ・・・・?なぜ・・・?」




昼休みは昼休みで
浜崎くんに呼び出されて(正確には拉致されたというか)
会長と同じことを聞かれた


なんで2人とも知ってるんだろう
椿はずっと私と一緒にいたし・・・


まさか




「りゅうちゃんから聞いた・・・だから、ひなに二度と近づくなって・・・・どうしていきなりそんな事になったの?」




「あの・・・それは・・・・」





食らいつくように迫ってくる浜崎くんをなんとかなだめて
結婚に至った経緯を一から説明した


真剣に
一字一句聞き逃さない!といわんばかりの
浜崎くんの顔が・・・・


正直怖い







「というわけなの・・・だから、私はやっぱり浜崎くんの気持ちには答えられない」



「・・・・・・どうしても、りゅうちゃんと結婚するつもりなんだね?」



「うん・・・」




「わかった・・・だったら俺もりゅうちゃんのお父さんを説得してみるよ!藤井さんの幸せがそれなら・・・俺が出る幕はもうどこにもないからさ」




「浜崎くん」






じゃあね、って言って
浜崎くんはどこかに言ってしまった




会長も浜崎くんも応援してくれている

あとはパパさんとお母さんの賛成さえもらえば
私とりゅうちゃんは






ずっとほしがっていた家族を
手に入れられるんだ











ランキングに参加中です。クリックいただけるとうれしいです。

更新のはげみになります!




人気blogランキングへ


ゆったりTeaTimeしませんか? 青春生き残りゲーム、漫画版はこちら
15:15  |  Home sweet home  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aoironotoki.blog109.fc2.com/tb.php/241-2280f21f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。