*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.07 (Thu)

Home sweet home

校門に、明らかに違う高校の制服を着た女の人

そしてその人は

絶対に浜崎くんのお姉さん

見間違えるわけがない・・・・

昨日の印象が強すぎて

忘れることなんてできないから

【More・・・】



「ひな?顔・・・真っ青だよ?どうしたの?」



「・・・・・は・・・・浜崎くんのお姉さん・・・・」



「えぇ!?あれが?あの美人が?」



そう、あの美人さんが浜崎くんのお姉さん
家に帰る前に学校で待ち伏せってことだよね?

もちろん待っているのは浜崎くんだよね
私じゃないよね?

と、とりあえず
みんなに連絡取らなくちゃ!!


携帯を取り出して
りゅうちゃん、涼香さん
そして、昨日アドレスを教えてくれた浜崎くんに
メールを一斉送信する


“浜崎くんのお姉さん、校門に来たり”

古文みたいな文章になったけど、もうどうでもいいや!

そのメールを送信後
みんなが生徒会室に集まってくる
誰も生徒会室にいるっていってないのに

それに、会長もいるし・・・・





「本当だ・・・ひかりってば、学校まで来ちゃったんだ」


「ごめん、俺のせいで」


「聖のせいじゃない・・・ひかりは昔からああいう性格だ」




窓の外を眺めながら
幼馴染3人組はため息をついている

その光景についていけない椿と
面白そうにそれを見ている会長・・・・


てか、会長がなんでここにいるんだ?




「みんなが走ってここに向かってるから、何か面白いことでも起こるかと思って」



「会長・・・・相変わらずですね」



「それに、おまえ、俺にもメール送ってるぞ?あれが浜崎の姉さんなんだ」



え・・・・うそ!
慌てて送信履歴を見ると・・・・送ってるし、私・・・・
なんで会長にまで送ってるんだよ
アホ・・・私のアホーーー!





「大丈夫、大丈夫!俺はここで黙ってみているから」


「それが一番の問題なんですけど」



ま、こんな会長は放っておいて
お姉さんをどうするかが問題だよね




「あれ、絶対俺を待ってるんだよね?」


「わかんない・・・・昨日ずっと、ひなちゃんのこと気にしてたし、もしかしたらひなちゃんと話に来たのかもしれないし」


「わ!私!?」



私と話をしに?いったい何の話をしようと?
私は別に、お姉さんと話すこと何もないよ?
いや、誤解は解きたいけど
浜崎くんが私を好きだという変な誤解を・・・・




「俺が昨日、とっさとはいえ藤井さんを好きって言ったからか?」


「ま、そうだろうな・・・昔から気になったらとことんまで追求しないと気がすまない性質だから」




りゅうちゃん・・・そんな淡々といわないでよ!
あのお姉さんと何の話をすればいいのさ!
怖いってば!



「・・・・・・俺が1人で行ってくるよ・・・・誰も巻き込みたくない」


「けど、聖が1人で行っても解決しないでしょ?とりあえず誤解を解くところからはじめないと・・・すでにひなちゃんを巻き込んでるわけだし」



「だからってひなをひかりの前に出すわけにいかないだろ!」



幼馴染3人の会議が始まりました・・・・
やっぱり、ぽかんと口を開けてみているだけの椿
面白そうにそれを眺めている会長
そして
巻き込まれたのに、話に参加することのできない私






長い話し合いの途中
涼香さんの携帯が鳴る



「・・・・ひかりからだ・・・・まだ生徒会終わらないのかって」


来た・・・・待ちきれなくて来てしまった・・・・
どうしよう、このままこうしているわけにも行かないし・・・って!

会長の姿がない!!




「とりあえず、まだ終わらないってメールしとけ」


「うん、でも・・・」


「涼香、お願い・・・」








「私に嘘をつこうとしてるわけ?」



ガラッとドアを開ける音とともに
ひかりさんが現れた

その後ろには会長の姿もある


か・・・・会長!!!




「ひかり!なんで校舎に」



「姉貴!なんで!」



「ひ・・・・ひかり・・・」






「この人が・・・・校門で待ってるのかわいそうだからってつれてきてくれたのよ!ずいぶんと待たせてくれたわね!」




会長がひかりさんの後ろで声を殺して笑っている

この男・・・・自分が面白ければそれでいいのかよ!



「待たせてって・・・勝手に待ってたのは姉貴のほうだろ!」


「東雲・・・覚えてろよ」



そんな、悪役のような捨て台詞を言ったところで
目の前のひかりさんの怒りは収まらない
体から炎が上がっているようにも見える

本気で怖い・・・・・





「ひなちゃん・・・・だっけ?」



幼馴染3人組のほうを見ていたひかりさんが
くるっと振り返って私のほうを見た

体がこわばるのがわかる
何を・・・・何を言われるんだろう





「ごめんなさい!うちのバカな弟があなたに迷惑をかけて!!」




「え・・・?」



体を90度に曲げて
私に謝るひかりさん・・・・・

予想外の行動に
私はきょとんとなってしまった・・・・・




「あの・・・・えっと・・・・」



「あなたには彼氏がいるのに、彼氏って言ってもりゅうだから、なんだかかわいそうなんだけど・・・・」



「おい・・・・」



「それなのに、聖があなたを好きだなんて・・・・迷惑かけちゃって・・・ごめんなさい」




あの、だから・・・
それはまったくの誤解でして
浜崎くんは私のことなんて好きじゃないんだけど

あぁ、でも
ここで私がそれを言ったら
事態はまた大変なところに進んでいきそうだし

どうすればいいの・・・私・・・・・




ランキングに参加中です。クリックいただけるとうれしいです。

更新のはげみになります!




人気blogランキングへ


ゆったりTeaTimeしませんか? 青春生き残りゲーム、漫画版はこちら

テーマ : 自作連載小説 - ジャンル : 小説・文学

08:40  |  Home sweet home  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aoironotoki.blog109.fc2.com/tb.php/222-f4afff45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。