*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.03 (Sun)

Home sweet home

夕食を済ませて

りゅうちゃんはお風呂に入った

浜崎くんと私はりゅうちゃんの部屋で

プレステで対戦ゲームをやっていた

このまま夜が更けていくと

誰もが思っていたんだけど・・・・・

【More・・・】

「ピンポーン」とチャイムが鳴る
もう8時なのに、こんな時間に誰が?

お母さんが高い声で「ハァーイ」といいながら玄関に向かっていく




「こんな時間にお客さんなんて珍しい」


「そうなの?ま、そうだよね・・・普通」


のんきにテレビに向かってゲームを続けていたが
すごい勢いで階段を昇る音が聞こえてきた


そして、その音は
りゅうちゃんの部屋の前で止まった



「聖!!いるんでしょ!開けるわよ!!」



えぇ?なに?誰?
こんな声聞いたことない!



「あ・・・・・姉貴・・・・・」



「お姉さん?」



なんでお姉さんがこんな夜にここに?
それにすっごい怒ってるような・・・




「りゅう?いないの?聖?ここにいるの?ねぇ・・・」




涼香さんの声も聞こえる
さっきのピンポンはお姉さんと涼香さん?




「どっちでもいい!開けるわよ!!」



怒っているお姉さんは
こっちの返事も待たずにドアを勢いよく開けた

私と浜崎くんは思わず部屋のすみに逃げるように移動してしまった
って、なんで私まで?




「聖!!やっぱりここにいたのね!」



「な・・・なんでこんなとこまで来てんだよ!」




お願いですから姉弟喧嘩は自分の家でしてください・・・
ここを戦場にしないでください・・・




けど、この人が浜崎くんのお姉さん?
キレて暴れるようには見えないくらい美人なんだけど
涼香さんと一緒に並んでると
なんかオーラを感じるんですけど・・・・美人オーラ




「聖!いい年して家出なんてやめてよね!あんたどれだけみんなに迷惑かけたと思ってるのよ!」



「・・・・うるせぇ・・・ここにいることは大体予想してたんだろ?涼香まで巻き込んでなにしてんだよ・・・」



だから・・・
姉弟喧嘩は家でやんなさいよ・・・
なんで、私、自分の家なのにこんなすみに追いやられなきゃならないわけ?



そんな私を見つけた涼香さんが
喧嘩しているお姉さんと浜崎くんを止めに入った




「ねえ、やめなよ!ひなちゃんが困ってるじゃない!」



「・・・・・・?ひなちゃん?」



「そだ、藤井・・・・」



お姉さんの視線が私に向けられる
う・・・
そんな美人に見られると緊張する・・・
それに
さっきのキレっプリを見てるので
怖い・・・・




「ひなちゃん・・・・・って、もしかしてこの子が聖の・・・」



「え・・・・?」




「なんだ?ずいぶんにぎやかだな」



を続けようとしたところに
お風呂から上がったりゅうちゃんが帰ってきた



って!りゅうちゃんなんて格好してるんですか!!




「あれ?ひかり、涼香来てたのか?」



「来てたのか?じゃないよ!なんなのその格好!着替えてきなさいよ!」



「・・・・・・・」




りゅうちゃんは、お風呂上りで
腰にタオル1枚巻いただけで
その腰のラインがきれいでセクシーで・・・・って!
今はそんなこと想像している場合じゃないか


涼香さんは慣れているのか、普通に接している
けど、浜崎くんのお姉さんは
顔を真っ赤にして固まっている


私も・・・
ここに誰もいなかったら鼻血流していたかもしれないです。はい・・・・



「別にいいだろ?自分の家なんだし!着替えこの部屋だし。つーか、俺の部屋で何してんの?」



いや、わかるでしょ?この状況
お姉さんが、浜崎くんが家出したので連れ戻しにきたんですよ
じゃなかったら、こんなところにこんなに人が集まってるわけないでしょ!?




「いいから・・・・りゅう、早く服来なさいよ・・・話はそれから」


浜崎くんのお姉さんはそう言って
涼香さんの腕を引っ張って部屋を出た

残された私と浜崎くんはどうしていいかわからず
そこに固まっていた

りゅうちゃんだけが平然と着替えを始めていた






着替え終わったりゅうちゃんは
廊下で待っている2人を呼んで部屋に入れた

えっと
この集まりいったいなんなんでしょう?
なんで私までここにいるんでしょうか・・・・





「ひかり・・・・聖をここに泊めてやるって言ったのは俺なんだから、あんまり聖を責めるなよ」



「・・・・・・うるさい!そうやってりゅうは聖の肩ばっかりもつんだから」


「まあまあ2人とも喧嘩はやめて・・・・」



今にも言い合いをしそうな2人をなだめる涼香さん
きっと、小さいころからそんな感じなんだろうな



「それよりも!聖!聖が好きな人ってそこに座ってる女の子なの?」



「・・・・・・?私?」



浜崎くんのお姉さん・・・・いえ、ひかりさんが
私を指差して浜崎くんに問いただした

えっと、どういう流れで
私が浜崎くんの好きな人になってしまうのでしょうか?
っていうか
私、確実にこの幼馴染のいざこざに巻き込まれてるよね?




「姉貴・・・俺は・・・・」



「ひかり!ひなちゃんはりゅうの・・・・」



「そうだ!ひなは俺の!」





「そうだよ!俺の好きな人は藤井さんなんだよ!!」




そう言って私の肩をつかんで自分に引き寄せた
え?ちょ・・・ちょっと待ってみようか!
なんで私?
浜崎くん、嘘をつくならもっとましな嘘をつこうよ!


涼香さんと付き合ったのは
好きな人を忘れるためでしょ?
私と知り合う前の話でしょ?
その設定おかしいでしょ!!




「違う、ひなちゃんはりゅうの義理の妹で・・・・」



「それで俺の彼女だ!!」



「え・・・・どういうこと?聖!彼氏がいるってわかってるのに好きなの?」



話がなんだかごちゃごちゃになってるんですけど・・・




「聖!いい加減にひなから離れろ!嘘をついても仕方ないだろ!」



「う・・・・嘘なんかじゃない!俺は藤井さんが好きなんだ!!だけどりゅうちゃんと付き合ってるの知って、忘れようと思ったけど、忘れられなくて・・・それで」




「それで涼香を利用しようとしたの!」





うわ~~何この展開?
なんでこうなっちゃったの?


これからどうなるの!!!







ランキングに参加中です。クリックいただけるとうれしいです。

更新のはげみになります!




人気blogランキングへ


ゆったりTeaTimeしませんか? 青春生き残りゲーム、漫画版はこちら

テーマ : 自作連載小説 - ジャンル : 小説・文学

11:24  |  Home sweet home  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

★たびたび!今晩は(^^)v

なんだか浜崎が台風の眼になりとんでもないことになってるようなv-356
ひなちゃん・・りゅうさんとのラブラブがどんどん遠のいていそうな・・・v-393
遠距離も辛いけど、好きな人が傍に居てもそれじゃ・・蛇の生殺しッスねv-393
古田 |  2008年02月03日(日) 15:32 | URL 【コメント編集】

★No title

古田さんへ

ひなは関係ない姉弟喧嘩に巻き込まれて、大切なデートを流されてしまいました(^^;)
どこかでラブラブ話を書きたいとは思うのですが・・・今はとりあえず浜崎君中心です。
サクラサル |  2008年02月04日(月) 19:05 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aoironotoki.blog109.fc2.com/tb.php/220-8d381c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。