*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.02 (Sat)

Home sweet home

広い神崎家のリビングに

大きい荷物を持った浜崎くん

そして、困った顔をしたりゅうちゃん

それに

今日のデートをぶち壊されて切れている私の3人が

ソファに座ったまま

黙り込んでいる

【More・・・】





家を出てきたらしいけど
なんでうちにくるわけ?
他に行くところないのかい!
引っ越してきたばっかりだっていうのはわかるけど
前の学校に友達くらいいるだろうに!

なんでうちなんだよ!
私とりゅうちゃんの久しぶりのデートを返せ!!


しかもさっきから黙ってばっかりだし
いきなり来ておいて
なんで家を出てきたか理由もいわないなんて

イライラする・・・・

あう!!この沈黙が嫌だ!!




「なんで家飛び出してきたのよ!」



沈黙に耐え切れずに、ついに叫んでしまった
イライラが頂点にきてしまった
涼香さん・・・なんでこんな男が好きなのですか?



「ひな・・・・落ち着いて、聖も・・・・理由くらい話せ、なんだ?ひかりと喧嘩でもしたのか?」



「・・・・・・・まぁ・・・・」



ひかり?誰?それ



あぁ!もしかして浜崎くんのお姉さん!?
浜崎くんが好きだといううわさのお姉さん?


っていうか姉弟喧嘩くらいで家を飛び出すなよ
子供か!



「ただの喧嘩じゃないんだろ?」



「うん・・・・まあ」



「ただの喧嘩じゃないってどういうこと?」



「涼香絡みだろ?おまえがひかりと喧嘩するのは」


「うん・・・・」




涼香さん絡みでお姉さんとけんか?
なにゆえ?





「涼香とちゃんと話をしようと思って、姉貴のいない間に涼香を家に呼んで話をしたんだ・・・で、今まで涼香にしたことをちゃんと謝って、それで、ちゃんと仲直りして、これからも友達でいようねってなって・・・・」



私とりゅうちゃんは「うんうん」とうなづきながら浜崎くんの話を聞く



「で、涼香が泣いちゃって・・・そんで、なんで泣いてるのか聞いたらさ、俺とちゃんと話ができてよかったって・・・自分のことが好きじゃなくても、ずっと俺のこと好きでいていいかって・・・」



涼香さんらしいなぁって、私とりゅうちゃんはさらにうなづく




「で、そんな状況の中、姉貴が帰ってきてさ・・・涼香が泣いてるの見つけて・・・姉貴、涼香のこと大好きだから・・・」



浜崎くんの顔が見る見る青くなっていく
え・・・・なに?何があったのお姉さんと・・・



「どうせ暴れたんだろ・・・ひかりのことだから」



コクっと浜崎くんは大きくうなづいた

暴れた・・・・?
涼香さんが泣いていて?
理由も聞かずに?


それに、浜崎くんが青くなるくらいだし
ど、どれだけ暴れたんだろう・・・・
どんな人なの?お姉さん





「で、涼香が帰った後、姉貴に呼ばれて・・・なんで涼香が泣いていたのか問い詰められて・・・いままであったこと全部話したんだ・・・」



「いままであったこと?」



「聖がひかりを好きなことを忘れるために涼香と付き合っていたってことだろ?ま、その様子だと、ひかりを好きとは言ってないみたいだけど」



「うん、それは言ってない・・・・好きな人を忘れるためとしか」



まあ、そりゃ
自分の大好きな友達が、利用されていたと知ったら頭にくる
しかも、それが自分の弟ならなおさらだよね

でもなぁ
浜崎くんがお姉さんを好きなことを忘れたいって気持ちもわかるしな

浜崎くんのしたことはいいこととは言えないけど
涼香さんとちゃんと和解もしたし
いいと思うんだけど

でも、お姉さんは浜崎くんが悩んでいることを知らないわけだし・・・






「これ以上、姉貴と一緒にいると自分の気持ちをしゃべってしまいそうで怖くて・・・それでほとぼりが冷めるまでここにいさせてほしくて・・・いくら幼馴染とはいえ、涼香の家に行くことはできないし・・・りゅうちゃんしか思いつかなくて・・・」





そ、そりゃ・・・
高校生の男の子が、幼馴染とはいえ、女の子の家に泊まるってのは良くないし
うちに来たのはしかたないと思うけど
なんでこのタイミングで来ちゃうかな~~

私とりゅうちゃんのデート・・・・




「わかった・・・うちは構わないからさ、とりあえず空いてる部屋に荷物置いてこいよ」




「うん」と言って
大きな荷物をもって浜崎くんは2階に上がっていく
りゅうちゃんはお母さんに浜崎くんがしばらく家にいることを伝えに言った

私は・・・
とりあえず浜崎くんについて2階に上がっていった





「ごめんね・・・・今日、どこか行く予定だったんでしょ?」



「え・・・・?」



「かわいい格好してるし」




そりゃ、りゅうちゃんと久しぶりのデートだし
おしゃれしたいって思って
普段はパンツだけど、ワンピースなんて着ちゃってるし・・・
そうだよ・・・そもそも浜崎くんが来なければ
今頃、りゅうちゃんと・・・・
ま、そんなこと言っても仕方ないけど



「りゅうちゃんが、ここにいていいって言ったんだからいいんだよ。お姉さんとのほとぼりが冷めるまでここにいたら?っていうか、お姉さんはここにいるって知ってるの?」




「いや、誰にも言わずに来たから・・・・」



「そ、それじゃ家の人みんな心配するじゃない!!」



浜崎くんは「大丈夫」なんて言ってるけど
絶対心配してるに決まってるよ・・・・

この人、やっぱり只者じゃないかもしれない・・・・




そして、その夜
大事件は起こるのであった






ランキングに参加中です。クリックいただけるとうれしいです。

更新のはげみになります!




人気blogランキングへ


ゆったりTeaTimeしませんか? 青春生き残りゲーム、漫画版はこちら

テーマ : 自作連載小説 - ジャンル : 小説・文学

10:04  |  Home sweet home  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

★こんばんわ。

姉弟愛ですか。意外な展開になっていきましたね。
デートはお預けになりましたが
またこの展開なので楽しみです。
続きが気になります。
えり^^ |  2008年02月02日(土) 21:50 | URL 【コメント編集】

えりさんへ


ちょっと危険な感じの恋愛になってきました・・・
そのせいで、ひなとりゅうのデートはお預けなのですが・・・次回はお姉さんの登場です!
サクラサル |  2008年02月03日(日) 11:26 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aoironotoki.blog109.fc2.com/tb.php/219-0c8624a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。