*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.23 (Wed)

Home sweet home

知り合いというわりには

よそよそしい3人

いや、りゅうちゃんは普通だけど

涼香さんの様子がおかしい


いつもは人の目を見てにこにこ話をするのに

浜崎くんとは目を合わせない

知り合いなのに・・・・・

【More・・・】



「えっと・・・・今、部活の紹介を兼ねて、校舎を回ってたの・・・それで、最後が生徒会室ってことで」


この重たい空気に耐えられなくて
口を開いたのは私

だって・・・
浜崎くんが生徒会室に入ってからの空気の重さといったら・・・・
息が詰まるくらいなんだもん



「で・・・・その・・・・ここが生徒会室で、私と椿はここに所属してるの」


「そうなんだ・・・・今日はどうもありがとう」



「う・・・ん・・・・」




浜崎くんが動揺しているのが手に取るように分かる
この場に長くいてはいけないような気がして
私は浜崎くんを外に連れて行った


無理!絶えられない!
あの場にずっといることは私には困難だよ~~~!!







「はぁ・・・はぁ・・・・ご、ごめん・・・・」



「あ、いや・・・・助かった」




浜崎くんの手を引っ張って
生徒会室から結構離れた裏庭まで連れてきてしまった
なんとなく、生徒会室から目の届かない場所に行きたかった

けど、普段運動しないから
この距離を走るのも一苦労
なのに
はあはあ息を切らしてる私とは違って
涼しい顔をしている浜崎くん

弓道やってたって言ってたから
普段から体は鍛えてるのかな




「あのさ・・・・単刀直入に聞くけど、涼香さんとりゅうちゃんとどういう知り合い?」



「あ・・・・えっと・・・・えっ?ちょっと待って?りゅうちゃん?」




し、しまった!
つい、いつもの癖で「りゅうちゃん」と呼んでしまった
学校では、ちゃんと「神崎さん」って呼ぶようにしてたのに
ゆ・・油断してた



「あの、ちがうの!ほら・・・・生徒会の人もあの・・」



「もしかして、りゅうちゃんの義理の妹って、藤井さんなの?」




へ?

なんで、浜崎くんがそのことを知ってるの?

浜崎くんの一言で、私はきょとんとしてしまった・・・
同じ学校の人だって知らないのに
他校から来た浜崎くんが知ってるのおかしいでしょ?




「あ、ごめん・・・・りゅうちゃんの親父さんが再婚したって、涼香から聞いてたから」




涼香さんから聞いてたのか
納得~・・・・・・じゃない!

まって、私とりゅうちゃんが兄弟になったのはつい最近のことだよ?
ってことは、浜崎くんと涼香さんは
最近までつきあいがあったってことだよね?
最低でも、再婚したあたりまでは・・・

それなのに、あのよそよそしい態度は何?
あの重たい空気は何?

わ・・・・分からない
ますます分からない・・・・






「いろいろ聞きたいって顔してるよ?藤井さん」



「え・・・・あ、そうかな?」



「うん・・・・そう」




そりゃ、聞きたいに決まってる!
あの態度を見てれば気になるに決まってる!

それに、大方予想してることもある

たぶん・・・・
この人が涼香さんの好きな人なんだと思う


だって、涼香さんは
全然関係ない人に、自分の身の回りのことを話すことしないと思うから


そもそも、りゅうちゃんと涼香さん、浜崎くんの関係ってどんなの?
家が近所・・・・ってこともないよね
住んでいる場所、ここから遠いし・・・

塾?いや、2人とも塾には通ったことないって言ってたし


わ、分からない・・・・


「聞きたいなら、隠すこともないし、話してもいいよ?」



「・・・・・・え?」




「そんな驚かなくても。だって、そのうちりゅうちゃんが話すかも知れないし、だったら同じことだし。俺から話しても問題ないし」




それはそうかもしれないけど
大人しそうに見えて
結構大胆なんだね

そんな私が悶々と考えてるよりも
深い関係じゃないのかな・・・・





「って、話をしたいんだけど、藤井さんお迎えが来たよ?」



「・・・・?」




浜崎くんに言われて後ろを振り返る
長い渡り廊下を走ってる影が見える
あれは・・・・




会長?


なんで会長が私を迎えに?
っていうかりゅうちゃんは何をやってるの?





「転校生くん?俺のひなに手を出さないでくれるかな?」



「手・・・・・・?」



「ちょっと会長!わけの分からないこといわないで下さい!私会長の彼女じゃないし!」



「いや・・・・どっちかというと、手を引っ張られたのは俺のほうかと・・・」






いや、浜崎くん
そういうことじゃないから

もしかして、天然?


いやいや、それよりも
なんで会長が私を迎えに来るのさ!
しつこいようだけど
りゅうちゃんは何をしてるの?




「神崎は、今涼香の面倒で手一杯なんだよ。誰かさんのせいでね?」



そう言って、チラッと浜崎くんを見た

浜崎くんは、すぐに会長から目を反らす


涼香さん・・・・何があったの?



「というわけで、俺が迎えに来たの。さ、行こう」


会長は、私の腰に手を回して
前に進むように促す

浜崎くんとの話が途中で
本当は行きたくないんだけど
涼香さんの様子も気になるし
そのまま進むことにした



「会長、それセクハラじゃないですか?」



「ひながそう思わなかったら違うんじゃない?」


2人の間に不穏な空気が流れる

この会長にそんな事が言えるなんて
浜崎くん

もしかして只者ではないかも!?


って、それより


私は涼香さんとの関係が気になってしかたがないんですけど!!


ランキングに参加中です。クリックいただけるとうれしいです。

更新のはげみになります!




人気blogランキングへ


ゆったりTeaTimeしませんか? 青春生き残りゲーム、漫画版はこちら

テーマ : 自作連載小説 - ジャンル : 小説・文学

10:27  |  Home sweet home  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aoironotoki.blog109.fc2.com/tb.php/213-f59590f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。