*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.12.29 (Sat)

Home sweet home 「甘いなぞなぞ」

お久しぶりです。

本当にお久しぶりです。

全然更新してませんでした・・・・



Home sweet homeですが、前回で一応第一部が終了しました。
無事に付き合うことになったりゅうとひなですが
会長はまだまだしつこいようです。

せっかくの両思いなのに、世間から隠れて付き合うことになってしまった
りゅうとひな
これからの展開をお楽しみください!

涼香の片思いの相手も登場予定です!
椿の恋愛についても書いていきたいと思います!


第二部は、たぶん年明けになると思います。
これからしばらく、私が書き溜めておいた「ポエム」などを
更新していきたいと思います!

そちらもよろしくです!


でも、その前に
りゅうとひなのその後をちょっと書いてみたので
興味がある方は「続き」からどうぞ!

【More・・・】



甘いなぞなぞ



「一度したら離れられないキスはなんだ」



りゅうちゃんの出したなぞなぞに、私はかれこれ30分も悩んでいる。
9月といえど残暑厳しいこの季節、エアコンが効いているのに蒸し暑い室内で
延々と考えるのは案外つらい・・・。



「う~だめだ・・・降参・・・」



はい、私は粘り強い性格ではありません・・・・むしろ諦めが早いほうです。
人に聞いたほうが早いならそうするのが一番いい。
だけどりゅうちゃんは意地悪で




「もう少し考えてみろよ」




なんて言う。私の性格を知っていてこれだからりゅうちゃんは意外と性質が悪い。
考えたって答えなんて出ないんです・・・。
私は粘るのが嫌いなんです。




「本当にギブアップ?」



「本当にギブです・・・・」



ふーん。と言いながらもりゅうちゃんはちょっと楽しそうだ。
こうやって私をからかっているあたりが椿と被る。



「りゅうちゃん・・・・答えは?」



私がそう尋ねるのと同時に、りゅうちゃんは私の口にキスをする。
それはいつもと何か違う。
りゅうちゃんの優しくて触れるだけのキスとは違った。
激しくて、熱い・・・・

離れることができないキス・・・

どのくらい口を重ねていただろう・・・
ただでさえ暑い室内で、りゅうちゃんと私は抱き合って、そしてキスをして・・・

考えてみたらなんていやらしいシチュエーション・・・
こんなにもりゅうちゃんが近くにいたことってあっただろうか・・・

いや、ない!!


それからしばらくしてりゅうちゃんが私から離れた。

「なあ?離れられないキスだろ?」



いたずらな笑顔を見せて私にそういう。
チラッと舌までだして・・・・
子供みたいに私に向かって微笑む。

その余裕がなんか悔しい。
私は、りゅうちゃんと一緒にいるだけでどきどきするのに
りゅうちゃんに触れられたら・・・おかしくなってしまうのに
私には余裕なんてぜんぜんないのに。



「りゅうちゃん・・・・ずるい」


「ずるくない」



なんだか本当に悔しくなって、私は下を向いたまま顔をあげない。
正確にいうとあげられなかった。
悔しくて顔が真っ赤になっているのもあるけれど、さっきまで、りゅうちゃんと熱いキスをしたんだと思ったら急に恥ずかしくなってしまった。



りゅうちゃんの顔をまともに見ることができない・・・・
キスは何度となくしているけれど、こんな不意打ちなキスは初めてだし


だけどりゅうちゃんはぜんぜん平気そう・・・・



「りゅうちゃんには敵わない・・・・」



「・・・・そうか?そんなこともないと思うけど」



「そうなの!・・・はぁ・・・ほしいな大人の余裕」



「何をくだらないことを・・・・余裕なんて・・・あるわけない」



「え?最後のほうよく聞こえなかった・・・」




「なんでもない。さ、もう部屋に戻って宿題しちゃえ」




なんだか上手くかわされたような気がするんだけど・・・
まあいいか。私は諦めが早いからね・・・・
りゅうちゃんには敵わない。今はそれでいいか。

でも、いつかぎゃふんと言わせてやる!!

そう誓った暑い夏の夜・・・・



私が、なぞなぞの答えが「ホッチキス」だと知ったのは
それからしばらくたってからだった。






ランキングに参加中です。クリックいただけるとうれしいです。


更新のはげみになります!




人気blogランキングへ


ゆったりTeaTimeしませんか? 青春生き残りゲーム、漫画版はこちら

テーマ : 自作連載小説 - ジャンル : 小説・文学

10:41  |  Home sweet home  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

 どうも「ぬこ」です。
 最近コメントつけてませんが…ごめん、ちゃんと読めてません(笑)
 「青春」の方に移行してから、頭の中に「蒼色」のキャラが住み着いているようで、中々馴染んで来ないんですよね。
 「青春」のキャラが嫌いなわけでもなく…ただの刷り込みという感じでしょうか?

 とりあえず、年賀コメントというわけで、今年最後のコメントです。
 また来年もよろしくお願いします。
ぬこ |  2007年12月30日(日) 13:10 | URL 【コメント編集】

ぬこさんへ

コメントありがとうございます。
こちらも全然遊びにいけなくて・・・

来年もどうかよろしくお願いします!
サクラサル |  2007年12月31日(月) 14:04 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aoironotoki.blog109.fc2.com/tb.php/200-df43989b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。