*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.12.26 (Wed)

Home sweet home

好き・・・・?

りゅうちゃんも私のことが好き?


それは、妹としてとか、そういうことじゃないってこと?


あれ?なんでだろ・・・

うれしいのに涙が出てくる

【More・・・】





「ひな・・・!な、なんで泣いてるんだよ!」



「だ、だって~~~!」




そんな、不意打ちもいいとこだ
私のことが好きなんて、思ってもいなかった答えが返ってきて
びっくりしたんだから

そ、そんなの
信じられるわけがなくて・・・





「ひな?」



「ず、ずるいよ・・・そんなそぶり、いままで一度もなかったくせに~~」



「や、それは・・・その・・・・恥ずかしいっていうか、ひながそんな風に俺のこと思ってるとか思わないし」



「なんで思わないんだよ~~!」




何言ってるか自分でもよく分かってないし
うれしいけど、その気持ちを表現する手段が
涙しかないというか

うぅ、情けないし恥ずかしい



「だからさ、東雲のところに行くなよ」



「い・・・行くわけないじゃん~ひっく、私は・・・りゅうちゃんが好きなのに~~」



ばか、変な心配しないでよ!
私はりゅうちゃんしか好きじゃないのに
今、すっかり会長のことは頭から離れていたし



「じゃあ、してもいいか?」



「何を?」



「エッチ」




「ばぁ・・・・ばか!」




な、何を言ってるのこの人は~~!
いきなり、そんな心の準備ができてるわけないじゃん!

そ、それに、私初めてだし
どこをどうしたらいいかわからないし・・・・




「ばか、冗談」




は、冗談?
ひ、ひどい!!人が真剣に悩んだってのに!
怒ってやる!抗議してやる!

そう思って顔を上げた瞬間
口にやわらかいものが触れた




「・・・・・・・・・」



「ひっかかった」




ベーっと舌をだして
いたずらが成功した子供みたいに
笑っている


・・・・って、よく考えたら
これってキスだよね?

せっかくのりゅうちゃんとのファーストキスを
こんな風にしてしまうなんて

余韻を感じる暇もなかった~~~
く、悔しい!

好きな人とキスをして悔しいってのはへんだけど
でも悔しい!


もう、りゅうちゃんは
こうやって人をからかうのが好きなんだから




「それともう1回!これは消毒分」



「ん!」


次はぎゅっと抱きしめられて
さっきよりも深いキス


長いキスが終わって
ようやく口を離してくれた

ようやく息ができると思ったのもつかの間
すぐに口を重ねてきた


「これは・・・・・俺とひなが恋人になった記念のキス」



「んん・・・・」



さらに深く、でも、優しく
角度を変えて何回も


もうこのまま溶けてしまってもいいやって
思えるようなキスを繰り返した











「・・・・というわけで、私、りゅうちゃんと付き合うようになったので、やっぱり会長の気持ちには答えられません」





「そっか・・・・じゃあ仕方ないか・・・・・」




翌日、会長にもう1回ちゃんと返事をした
以外にもあっさり承諾してくれて
ホッとした

これで、こころおきなくりゅうちゃんとラブラブ生活が始まる




「って、俺が引き下がると思ったら大間違いだ!」



「えぇ!!そ、そんな!会長!だって私は・・・!」




「ま、藤井と神崎は本当の兄弟じゃないから、付き合う付き合わないは別に問題ないけど。学校中で付き合っているなんてうわさになったら、教師の耳に入って、お前らの親の耳にも入るよな?」




「・・・・・・・・そ、そうだ」



すっかり忘れていた
浮かれていて、りゅうちゃんの恋人同士になれたって喜んでいたけど
そうだ、親のことすっかり忘れていた

お母さんとパパさんに私たちの関係がばれたらどうなるんだろ
まあ、お母さんもパパさんもちょっと変わっているから
付き合うことは認めてくれても
2人きりになることは認めてくれない

きっと、高校生の付き合いはキスまでだって思ってるはず



「ばれたらまずいよね?したいことできなくなっちゃうもんね~」



この会長・・・
人の弱みを探って握るのが本当に得意だな



「で、東雲は、どういう手段で俺とひなを脅すつもりなんだ?」



「りゅうちゃん!」




「2人で話するっていったけど、心配で来た」



「相変わらず過保護だな。過剰な愛情は嫌われるもとだぞ?」




りゅうちゃんと会長の間に火花が散っている・・・・
って、今は喧嘩することが目的じゃないんだから!
話し合い、あくまで話し合い
これからどうすればいいのか




「好きにすればいいんじゃない?付き合ってることを公にすればいいし?ま、そうなれば、さっき俺が言ったようなことになるけどな?」




付き合ってるってみんなに言えば
会長が堂々と私に好意をアピールすることもなくなるし
りゅうちゃんファンも少しは大人しくなるし
いいこと尽くめなんだけど

でも・・・
公にすると、あっと今にうわさになって
それから教師の耳に入って
そして、最終的にはお母さんとパパさんの耳に入って

そうなったら、自由に2人きりになんかなれないよね
常に見張られるような気がする・・・・


ということは、キスは愚か・・・・




「それはヤバイ・・・・」



「りゅうちゃん?」



「ひなを抱けないだろ!」



「りゅうちゃん!!!!」



と、突然何を言い出すんだ!
そりゃ、今私もちょこっと考えていたけどさ

う、うぅ・・・・けどそういうことだよね




「じゃ、俺は今までと変わらず藤井を追いかけるから」



「そ、そんな~~」




さて、どうなるどうなる恋愛バトル
私たちの試練は


これから先にあるのかもしれない









ランキングに参加中です。クリックいただけるとうれしいです。

更新のはげみになります!




人気blogランキングへ


ゆったりTeaTimeしませんか? 青春生き残りゲーム、漫画版はこちら

テーマ : 自作連載小説 - ジャンル : 小説・文学

08:42  |  Home sweet home  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

★こんばんわ。

ひなちゃんとくっつきましたか!
会長は相変わらずですが、それも面白そうです。
これからも楽しみにしています。

ブログのコメントにも書いたのですが
サクラサルさんのブログを
ブックマークさせて頂きたいのですが
よろしいでしょうか?
えり^^ |  2007年12月29日(土) 22:14 | URL 【コメント編集】

★サクラサル先生!お久しぶりです!!

ようやっと!!これました(^^)v
りゅうさんと、ひなちゃん・・・う・・マジでうらやましいぞ!!(オオカミの遠吠え(;。;)
沢山キスしてるし!!(そこか!?)
でも東雲という暗雲が!!
でも!!やっぱり一緒に暮らしているりゅうさんの方が一歩リードかなぁ?(^~^)
う~ン・・真面目にりゅうさんとひなちゃんがリアルにうらやましいです・・とほほ・・(>、<)
新年早々暴走発言ですみません~(>、<;)
古田 |  2008年01月06日(日) 14:40 | URL 【コメント編集】

古田さんへ

いらっしゃいませ!忙しかったのですね。
体には気をつけてください!

ひなとりゅうはようやくくっついてくれました!
が・・・
会長が黙っているわけもないので、コレからが大変です。
ラブラブな2人・・・・私も普通にうらやましいです。
サクラサル |  2008年01月07日(月) 10:04 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aoironotoki.blog109.fc2.com/tb.php/199-4d37c672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。