*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.27 (Tue)

Home sweet home

反省しています

出すぎたまねをしました

だから・・・だから・・・

お願いだからここからだして~~!!

【More・・・】






帰りが遅い私を心配したりゅうちゃんが
勢いよく走っている私を見つけて
家に連れて行かれた

事情を話したら
すっごく怒って
ただいま私・・・・・

納戸に閉じ込められております・・・
暗くて狭いとこ怖いよ~~
お願い!反省してるから出して!!!!



叫び続けること5分
なんとか出してもらった
こ、怖かった・・・
会長のオーラーよりも怖かった



「ご、ごめんなさい」



「もう、いい・・・言ってしまったことはしかたない、何もされなくてよかったし」



うぅ、こんなに心配させて
私ってなにやってるんだろう
出すぎたまねをした
けど、感情が先走って
言いたいこと全部叫んできてしまった

明日、会長の反応が怖い
学校休みたい



「涼香が、本当は別のやつが好きってことは言ってないな?」


「う、うん・・・それは言っていない、せっかくりゅうちゃんが隠していることまで言わないよ」



「ならいい・・・」




あ、また胸がチクってした
りゅうちゃんが、涼香さんの話をするとき
必ずといっていいほど
胸が痛くなる
なんでだろう・・・・一回、CTとか受けたほうがいいのかな



翌朝、生徒会室に顔をだした
さすがにみんながいるから
会長は普通どおりに私に挨拶をしてくれた

怖いのは放課後
会長の権限を悪用して
生徒会室に2人きりになって
そこから昨日の復讐をされるのだろうか

肉弾戦には自身がないな
精神的苦痛はもっと嫌だな
な、何をされるんだろう・・・・




けど、その恐怖の時間は
意外とすぐにやってきた




「藤井さん?ちょっと用事があるんだけど付き合ってもらえる?」


昼休みにわざわざ私の教室を訪ねてきた会長
もちろん、人気者の会長が教室に現れて
クラスの女子はヒートアップ
そして私はクールダウン

まさか、昼休みに呼び出しとは
おぬしもなかなかの悪よのう・・・(違う!)






それから、黙って後ろをついていき
付いた先は生徒会室
先に私を教室に入れて、会長はドアの鍵をかけた

え?ちょ・・・ちょっとなんで!!



「他の人が入ってきたら困るからな」



「ちょ・・・こんな密室で何をしようと!」



「あわてるな!俺はお前みたいな幼児体形に興味はない!」



よ・・・幼児体形だとこらぁ!
これでも胸はCカップあるっつーの!
そ、そりゃ・・・涼香さんのはじけるDカップには負けるけど
と、今はそんなところじゃないか




「昨日のことだけど」



「わ、私・・・・間違ったことは言ってないですから」



「あぁ・・・そうだな」





へ?
意外な言葉・・・・
認めた?会長が?
私は間違っていないって・・・

ほっぺつねってみる・・あ、痛い
夢じゃない



「何してんだ?」


「あ、夢かと思って」



「ふざけんなよ、人がちゃんと話してるのに」



「す、すいません」




だって、会長がそんなこというと思わないから
つい、現実かどうか疑ってしまって・・・


悪気はないんだよぉ




「まあ、俺も・・・神崎にはひどいことをしたしな、それに、関係ない藤井まで巻き込んで、悪かった」




「わ・・・悪かった?」



「なんだよ?謝ったのに、驚くなよ」




いや、会長が謝ったから
日本列島大地震がくるのでは?と思うくらいびっくり&恐怖だよ




「藤井が、言わなかったら、涼香が傷ついていることにも気づかなかった・・・ありがとうな」




「い・・・・いえ・・・・」




やたら、人間くさい会長を目の前にして
硬直状態の私なんですが

けど、怒られると思っていたから
少しホッとした




「仕方ないよな・・・涼香は神崎のことが好きなんだし・・・神崎は・・・どうかしらないけど」




会長・・・逆です!
涼香さんは別の人が好きで、りゅうちゃんは涼香さんが好きなんですよ?

あ、でもそれを言うとややこしくなるから
まあいいか・・・

会長が、涼香さんを傷つけたことを反省したんなら
涼香さんがりゅうちゃん以外の男の人と付き合っても
嫌がらせはしないよね



「けど、嫌がらせをしたいくらい、涼香さんのことが好きなんですね?」



「・・・・・まあな・・・けど、今は違うかな?なんか、ショックを隠そうとしてるだけだったかもな。人を傷つけることで自分を守る・・・最低だな」



ここで、「そうですね」とか言ったらだめだよね
反省してる人に追い討ちかけるなんてよくないか

けど、会長も普通の人間だな
いつもは完璧な優等生って感じで近寄りがたいけど
こうして話をすれば
ただの男の人って感じ・・・
いいところもあれば、だめなところもある




「そ、それじゃあ、私は戻りますから」



もう少しで授業開始の予鈴がなる
早く戻らないと遅刻しちゃう・・・

話は終わったし
そろそろ開放してもらいたいな・・・




「なあ、最後に1個聞いていいか?」



「なんですか?」



「藤井ってさ、戸籍を神崎にうつさないのは、神崎のことが好きだから?」



「は?」



「好きだから、今回のことにムキになったのか?」




あ、何をいいだすんだこいつ・・・
なんで私がりゅうちゃんを好きだなんて


いきなり素直になりすぎて
頭のねじ、一本緩んでんじゃないの!!



会長の言葉に
私は・・・・

その場に立ち止まってしまった


授業開始の予鈴が
遠くで響いていた







ランキングに参加中です。クリックいただけるとうれしいです。

更新のはげみになります!




人気blogランキングへ


ゆったりTeaTimeしませんか? 青春生き残りゲーム、漫画版はこちら

テーマ : 自作連載小説 - ジャンル : 小説・文学

09:40  |  Home sweet home  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

★こんばんわ。

会長、良いキャラしていますね。
私的には結構好きです。
えり^^ |  2007年11月27日(火) 22:12 | URL 【コメント編集】

えりさんへ

そういってもらえるとうれしいです。
会長は、これからも活躍する予定なので
サクラサル |  2007年11月28日(水) 09:31 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aoironotoki.blog109.fc2.com/tb.php/183-21e4f34f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。