*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.16 (Fri)

Home sweet home

受験は終わった・・・

えぇ、もちろん受かりました

合格しましたとも!


なんせ私には無料の家庭教師がついているから

しかも・・・・ちょっとエロという得点つきで

【More・・・】


「おめでとうひな!」


「おめでとうひなちゃん!今日はお祝いだね!」



合格発表から帰ってきたら
お母さんとパパさんがクラッカーを鳴らして出迎えてくれた

普通、こんなことしないよね?
家の親は特殊だと思う

けど、こういうの「家族」っぽくてちょっといい



「おかえり!ひな!おめでとう!」



そう言って出迎えてくれたりゅうちゃん・・・
りゅうちゃんは、クラッカーじゃなくて
ハグでお出迎え


だから・・・やめろって言ってるでしょ!!

りゅうちゃんに初めて抱きしめられたあの日から
ずっとこんな感じ
うれしいとき、めでたいとき
ううん、それ以外でもりゅうちゃんは私によく抱きつく

これから同じ高校に入るのに
学校で抱きつかれたらどうしよう・・・
今のうちに教育しなければ!

妹にハグ禁止!って・・・




「ひなちゃ~~~ん!合格おめでとう!!」



合格を聞きつけた涼香さんが尋ねてきた
そしていきなりハグ・・・


涼香さんに抱きつかれるのは嫌いじゃない
むしろ好き・・・・


だけどこれに便乗してりゅうちゃんが抱きつくのはちょっと困る


これは・・・2人そろって教育しなきゃならないのかな?

同じ高校に行くんだし、これは本当にやばいよね




「春から後輩になるんだね~~楽しみ!ねえ、生徒会はいらない?」



それは、前から思っていた
涼香さんが生徒会に入っているって聞いてから
私も入りたいな~って思った
だけど・・・アレって
成績が上位じゃないと入れないんじゃないっけ?

涼香さんって、なんだか天然ぽいけど
頭はいいんだよね
料理も・・・破壊的だけど

お祝い!ってもって来てくれたケーキ・・・
これも見た目はかなりひどい



そうそう、頭がよくて生徒会といえば
りゅうちゃんもそうなんだよね
生徒会には入りたいけど
りゅうちゃんがいるんじゃなぁ
やめておこうかな




「そうだな入れよひな・・・そしたら、監視できるしな」



「監視?」



「ひなに変な虫がつかないように見張ってられる!」




変な虫って・・・りゅうちゃん
あなたが一番変な虫だと思いますが?
違うか?
私に男なんかできるわけないでしょ!
なんたって、小学生に間違えられるくらいですからね・・・
そう、あなたに!!

これはいまだにうらんでいたりする

小学生みたいな外見、実は相当コンプレックス
涼香さんみたいに・・・とは言わないけど
もう少し大人っぽく見られたいな~~~
無理・・・かな、やっぱり・・・





「制服、いつ買いに行くの?ついていっていい?」



「え、うん・・・いいけど・・・友達も一緒だよ?」



そう、制服を買いに行くのは椿といくつもりだった
お母さんもついていくって言ってたよな~お金払うの親だし
でも、涼香さんが行くっていうなら
お母さんついてこなくても大丈夫かな?



「じゃあ、俺も行く!」


「え・・・なんで?女の子の制服見に行くだけだよ!」



「ナンパされたらどうする!ついていく!」




りゅうちゃん・・・
涼香さんがナンパされると思って心配してる?
そりゃ気持ち分かるけど
女の制服界に行くのについてくるのはどうかと思うよ私は・・・




「りゅう~~過保護すぎ!大丈夫、ひなちゃんは私が守るから!」


「だめ!涼香がついていくなら余計心配!絶対ついていく!」





一度言ったら絶対に後に引かない性格のりゅうちゃん
こうして、買い物にはりゅうちゃんもついていくことになった


そして、涼香さん・・・あなたはやっぱり天然ですね
りゅうちゃんがナンパの心配をしているのは
私のことじゃなくてあなたのことですから・・・



りゅうちゃんの片思いも大変だなぁ







「ひな!そんな短いスカートはくんじゃない!」



「いいじゃん別に!誰にも迷惑かけてないんだから!」



今日は制服を買いに行く日
休みだし、制服じゃないし
受験勉強ばっかりで遊びに行くの久しぶりだったから
お気に入りのスカートはいたら
怒られた・・・・

別に、そんなに短くないのに!
何をそんなに怒る必要があるんだか・・・




「龍は、いつのまにか俺よりもひなちゃんの保護者って感じになったな」


「そうねぇ・・・でも仲良くてよかったわ」



パパさん、お母さん・・・そんなほのぼのするような光景じゃないでしょこれ
私の周りにはどれだけど天然がそろってるんだ?




「いいの!これで!」


「よくない!着替えなさい!」



なんだってこんなに強情なんだろ・・・
りゅうちゃんってこんなに過保護だったけ?





「もう、相変わらず過保護ねりゅうは・・・」



「涼香さん!もっと言ってやって!これくらいの短さで怒るんだよ!」



短い短いっていうけど、スカートは膝よりちょっと上なだけ
そんなんでもないのに~~~


それよりも、涼香さんのほうが露出高いと思うよ?
3月で春とはいえまだ寒いのに・・・
さあ、りゅうちゃん・・・怒るならこれくらいしてから怒りなさいよ!!



「お前・・・そんなに露出したら世間の迷惑だぞ!」



「なによその言い方!素直にかわいいといいなさいよ!」




とまあ・・・・私とりゅうちゃんから
りゅうちゃんと涼香さんの言い合いに発展してしまった

涼香さんには悪いけど
話がそれてよかった・・・





出かける前に散々もめてしまったので
椿との約束にちょっと遅れてしまった

けど、椿にとってそれはたいした問題じゃないらしい

それよりも、涼香さんを見て大興奮していた

椿・・・男女問わずきれいな人大好きだからな






「ちょっと!かなり強敵じゃない!!」



「あんたね~だからなんで私と涼香さんがライバルになるわけ?」




私の話はお構いなしらしい・・・
椿の妄想は暴走を止めない・・・

この子の頭の中では
私はりゅうちゃんが好きで
涼香さんとライバル関係になっている
どうしたらそんなことになるのだろうか・・・






制服も合わせてちょうどお昼になって
近くのファーストフードで食事を取ることにした

さてと、これからどうするのかな?

まだ陽は高いし・・・このまま帰るのは寂しいな~
でも、ここで椿と私は退散して
りゅうちゃんと涼香さんデートさせるのもいいかな?



「ねえ、ひなちゃん椿ちゃん。時間があるならこのあと服買いにいかない?私ひなちゃんに着せてみたい服いっぱいあるんだ~~」


はい?


「それいいですね~私もひなにいろいろ着せるの好きなんですよ!」


こ、こら~~!椿まで!
本当にこの子は私を着せ替え人形にして遊ぶのが好きなんだから!!
結構疲れるんだよ?何回も着せ替えられるの・・・・





「いいよね?りゅう?あ、疲れたんだったら帰っていいから!」



「ついていく!」



うう・・・なんでこんなことになるんだよ
しかもりゅうちゃんも、女の子の買い物に付き合ってもつまんないでしょ?
帰ればいいのに

っていうか、涼香さんとデートすればいいのに!!
そんなんだからいつまでも片思いなんだよ!
他の男に持っていかれちゃうぞ!このやろーーー!




と、まあ
私の抵抗むなしく
ショッピングモールに連れて行かれ
人形のごとくいろんな服に着替えさせられた


つ、疲れる


いつもは椿1人だけど
今日は涼香さんもいるから
疲労が3倍・・・・

早く終わって・・・・





「これ!これ絶対いいよね!!椿ちゃん!」



「はい!ひないいよ!たまにはこういう服を着て歩くのもいいよ!!」




えぇ・・・これ?
この服、似合ってるかな~~


渡されたのは
肩が想いっきり出ているもので・・・
中にキャミを着てるけどそれでも露出が高い・・・

一緒に渡されたスカートも
なんだか今日はいているのよりも短いし・・・
こんなの私に本当に似合ってるの?
自分じゃわかんないよ~~



「そうだ!これにあわせてブーツも!!」


「じゃあ、この小物も合わせて!!」



「ちょっと・・・2人とも、これ商品だからね?お買い上げしてないからね?」



私の言うことが聞こえていないのか
興奮した2人に次々といろんなものを渡される・・・






「りゅう!りゅう!!見てみて!ひなちゃんだいへんしーん!!」




全ての試着が終わって
りゅうちゃんの前に連れ出された・・・
あの、だからね?この服まだお買い上げしてないんですけど?
店員さん!!いいんですか?この2人の暴走止めなくていいんですか?




「どれ?どんな服選んだんだ?」


待ちくたびれたりゅうちゃんが
私の前にやってきた・・・
なんか、恥ずかしいなぁ
こんな格好したことないし・・・・





「・・・・・・・」



「やっぱ、変?」



りゅうちゃんはだまったまま・・・
やっぱり似合わないんだよね?
ほら、店員さんにも迷惑かけてるし早く脱いで返さなきゃ!

あ、でも何か一つくらい買わなきゃならないかなぁ・・・



「これ、一式もらえます?支払いはカードで!」



「えぇ!!」



黙っていたと思ったらいきなりカードを出してお買い上げしてしまった
な、なんで・・・
つっこみたいことはいろいろあるけど・・・

この服気に入ったの?
スカート短いのに?



「ま、でも・・・そのスカートは俺が同伴で外出するとき以外禁止だけどな」



「な、なんだか変態な空気が出てるんだけど・・・・」




不穏な笑みを見せるりゅうちゃんに
悪寒が走る
これから迎える高校生活が
なんだか大変なような気がしてならないのは
私だけなんだろうか・・・・




ランキングに参加中です。クリックいただけるとうれしいです。

更新のはげみになります!




人気blogランキングへ


ゆったりTeaTimeしませんか? 青春生き残りゲーム、漫画版はこちら
08:27  |  Home sweet home  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

ほのぼのとしていい光景ですね(^-^)
しかし龍くんのひなちゃんを見た時の無言の一瞬の間が気になりましたね~(^-^)
大地オサム! |  2007年11月17日(土) 09:35 | URL 【コメント編集】

大地さんへ

ようやくSWEETHOMEらしくなりました
温かくてほのぼのしている家庭が大好きです

ただ、これからが大変なんですけどね
りゅうちゃんの考えていることがわからないひなのこれからに注目してください。
サクラサル |  2007年11月17日(土) 09:46 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aoironotoki.blog109.fc2.com/tb.php/173-90fb1c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。