*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.15 (Thu)

Home sweet home

涼香さんの作ったケーキ

お世辞にも上手とは言えなかった・・・

けど、味は、昨日練習しただけあって

おいしかった



これを、涼香さんは誰のためにつくったんだろう

【More・・・】



「ごめんね!せっかく教えてくれたのに!こんな・・・こんな無様なケーキで」



「う、ううん・・・・あの・・・うん、味はおいしいし」



フォローになってるかな?これ・・・なんか地雷を踏んだような気がしないでもないけど
見た目はチョコレートケーキなんだけど
味は・・・普通のカップケーキ
どうやったら、こんなに焦げるんだろう



「でもね!他のみんなはもっとひどくてね!」



これよりひどいの?これより・・・これより・・・
それは絶対に試食したくない!!





「おまえ、ひながあんだけ教えたのに、これってどうなんだよ!
「だって!ケーキっていうから、普通のショートケーキだと思ったの!そしたら、カップケーキだったんだもん!習ってないもん、しかたないもん!」




「しかたないって・・・おまえ」





りゅうちゃんと涼香さんのやり取りは相変わらずで
はたから見たらカップルなのに、ちがうんだよね

りゅうちゃんは、否定してるけど涼香さんが好きで
でも涼香さんは違う誰かが好きで・・・


三角関係なんだよね?
私にはよく分からない世界だけど
わかることは、りゅうちゃんが片思いをしてるということ


昨日の反応とか
片思いしてるとか
そういうことが分かって、それ以上涼香さんのことを聞きだすのは
かわいそうというか
触れちゃいけないような気がして
私は何も言えなかった

今、こうしてりゅうちゃんは
楽しそうにしてるけど
内心ではすっごく傷ついているのかな?



なんだか、そういうことを知ってしまうと
最初にりゅうちゃんに会ったときに
彼女の2、3人はいるって思ったこと
人を見る目がないな~って反省・・・・


きれいな外見して
意外と純情一途、一直線だったんだね・・・
人は見た目じゃわからないってことか








「ひなチャンスじゃん!めざせ!兄弟からカップル!」



「椿、いいから分からないとこさっさと理解しなさい!」



学校は基本的には自由登校になった
3年生は卒業式まで自由に学校を行き来すればいい
受験も間近に控えてるし
私は椿と毎日学校に来ているわけだが・・・・

ちらっとりゅうちゃんの話をしたら
椿、勝手に盛り上がっちゃって
勉強そっちのけで、りゅうちゃんの話を聞いてきた

しかも、兄弟からカップルになるチャンス?
チャンスってなにさ
それじゃまるで私がりゅうちゃんを好きみたいじゃない!

どっちかっていうと私
りゅうちゃんより涼香さんのほうが好きなんだけどさ



「ね、ね、涼香さんってどんな感じの人なの?」


「どんなって・・・一言で言うと美人だけど抜けてるって感じでほっとけなくてかわいい」




間違ってないよね?
でもこんなこと涼香さんの前でいったら怒られそう




「う~ん・・・・美人で放っておけないかぁ、こりゃ強力なライバルだな・・・でも!彼女には好きな人がいるわけだし、寂しさにつけこんでりゅうちゃんをもらっちゃえ!」





「いいから、試験は間近だよ?現実逃避しないでさっさと勉強しな!」



わけのわからないことをいう椿はこの際放っておく!

なにが寂しさに漬け込むだよ
私はりゅうちゃんのこと、そんなふうに全然思ってないし
関係ない
ただ、りゅうちゃんが涼香さんのことで悩んだりしてるなら
それはちょこっと協力してあげたいな~って思うけど

でもなぁ、私が口を挟むことじゃないしな~
って今は受験のほうに専念しなきゃ!!











「つ、疲れた・・・・」



結局、椿のせいで勉強になんかならなくて
チャンスなのに、とか襲っちゃえ!とか
なんで私がりゅうちゃんをおそ・・・・襲う?
襲うってなに?包丁をもって「金をだせ!」とかそういうこと?
意味がわからないな~なんで私がりゅうちゃんを襲わなきゃならないんだ?




「ひな!ひな大変なの!」



「な、何?お母さん!?」




玄関を開けて早々、お母さんが飛び出してきた
大変って、何が大変なの?

落ち着いて、はい、深呼吸して
そう、そうそう
で、何があったの?




「龍くんが部屋から一歩も出てこないの!!」




「・・・・・・」




「ちょっとお母さん・・・りゅうちゃんだって部屋から出てきたくないこともあるでしょ?いちいちそれくらいで大げさな」





「だって!ノックをしても返事がないのよ!何をしてるかわからないじゃない!」




まあ、確かにそれは心配になるよね
前から反抗期とかだったらわかるけど
りゅうちゃんの場合、そんなことはないし
う・・・・ん、何か学校であったのかな?



部屋に行ってみる?
あ、でも・・・・涼香さんとの間になにかあったのかもしれない
そうだとしたら
やっぱり
だめだよね・・・兄弟になったからといって
しゃしゃり出ていくのは





気にしないようにしたけど
りゅうちゃんはご飯も食べにこなかった
ノックをしても返事がないからだ

こんなときパパさんがいてくれたらいいんだけど
今日は残業とか行ってたしな~



気になって、気になって・・・
勉強が手につかない



えぇい!ここは兄弟という特権をつかって
部屋に入ってやる!
りゅうちゃんの部屋鍵ついてないし
こうなきゃノックなして入ってやる!!





部屋の前に立って、深呼吸・・・
中でどんなことになっていても
驚かないで対処できるように




よし、いざ出陣!!



「りゅうちゃん!なにやってるの!」



思い切って部屋を空けたら
そこにはベッドの下に座っているりゅうちゃんがいた
部屋は真っ暗・・・
テレビだけが光っていてちょっと怖い




「りゅうちゃん!」



「・・・・ひな?」




振り返ったりゅうちゃんの目には涙
泣いてるの?なんで?
しかも目が真っ赤・・・だよね?暗くてよくわからないけど





「りゅうちゃん!何が、何があったの?」



「ひな!俺はもう・・・・」




私が質問すると同時に、りゅうちゃんが私に抱きついてきた
おどろいて離れようとしたけど
力が強くてできない・・・


りゅうちゃんの心臓の音がどくんどくんって響いて
私の心拍数もそれに合わせて大きくなっていく


ど、どうしたの、りゅうちゃん!
お願いだから離して!!!!





「かわいそうで・・・でも、続きが見たくて」



「・・・・・・続き?」



腕が緩んだ隙にそこから抜け出して
テレビの方向を向いたら
病院のベッドで苦しんでいる子供と、その友達?らしき人が写っている
外国人さんぽいけど、これ・・・映画?




「この物語の主人公が思い病気にかかってるんだけど、一生懸命生きていて、それを励ます友達との物語なんだけどな」







えっと、それって
りゅうちゃんはつまり・・・・
映画を見ていた
しかもヘッドフォンをしていたのでお母さんや私がノックしても聞こえなかった
部屋に思い切って入った
泣いていた

=映画に感動していた





「本当に迷惑な兄だな・・・」



「悪い・・・俺、夢中になると聞こえなくなるから、周りの声・・・しかも感動しやすいたちで」




もう、何かあったと思ってたのに
映画かよ・・・

つか、映画で感動したくらいで人に抱きつくなよ!




「それにしても・・・ひな俺のこと心配してくれたんだ?」



「え・・・私じゃない!お母さんが心配してたから!そうだ!ちゃんと話しておいてよね!まだ心配してるから」



たく、こういうところが調子がいいっていうんだよ!
さっさと部屋に帰って今日はもう寝る!!



「ひなって・・・抱き心地いいよな?今度から映画を見るときはひなを抱いてみようかな?」




私を抱いて・・・・
な、な、な・・・・・・何を言うかこの人は~~~~!!
こら、赤くなるな私の顔!耳!!
相手の思う壺だろうが!!




「ひな・・・何想像してんの?やらしー」



「うるさい!ばか!」



近くにあったクッションを投げて、りゅうちゃんの顔面にヒットさせた
そしてそのまま部屋を出る・・・


少しでも心配した私がバカだった!

やっぱり、りゅうちゃんは・・・・
心配するだけそん!もう絶対に気になんかかけてやるもんか!!












ランキングに参加中です。クリックいただけるとうれしいです。

更新のはげみになります!




人気blogランキングへ


ゆったりTeaTimeしませんか? 青春生き残りゲーム、漫画版はこちら
10:25  |  Home sweet home  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

★あ~あ~…

ひなちゃんは龍君ワールドに入ってしまいましたな(^_^;)

ここは地獄の一丁目ですかね(笑)
大地オサム! |  2007年11月15日(木) 20:38 | URL 【コメント編集】

大地さんへ


りゅうちゃんワールドは広いですよ~~
ひなはきっと抜け出せないでしょう(^^)

書いていてなんだか不思議な少年になってきたりゅうちゃん・・・この先どう展開させようか考え中です
サクラサル |  2007年11月16日(金) 08:29 | URL 【コメント編集】

★再び、お邪魔してます♪(^^)v

今のりゅうちゃんとひなちゃん・・本当に仲の良い兄弟って感じでイイっすね!!微笑ましい~♪
イイですねぇ・・妹♪ほのぼのした話大好きです♪
腹違いだったら、どんな感情になるんでしょうか??・・
俺には非常に可愛くない口達者な弟が居るだけです。俺も可愛い妹が欲しかった・・(苦笑)
古田 |  2007年11月17日(土) 14:24 | URL 【コメント編集】

古田さんへ

私、一人っ子のくせにこんな話書いています(^^;)
兄弟いたらどんな感じだったのか想像つかないですが・・・弟いるんですね!
いいなぁ・・・・

ひなはすっかりりゅうちゃんワールドにはまってしまいました!
このほのぼの関係、どこまで続くか私もわかりません・・・
サクラサル |  2007年11月17日(土) 16:36 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aoironotoki.blog109.fc2.com/tb.php/172-7bece51a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。