*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.11 (Sun)

Home sweet home

私が再婚を賛成したことで

私には父親ができる

ついでに


ものすごく失礼なお兄さんも

今ならもれなくついてくるらしい・・・・・

【More・・・】



「狭い家でも結構荷物があるものね!大変だ、こりゃ」



「お母さんがなんでもかんでも溜め込むからでしょ!」



今日は新しいうちに引っ越すために荷造りをしている
生まれてからずっとこの家に住んでいたから
寂しいな、この家・・・人の手に渡っちゃうのかな
でも、まあ仕方ないよね
再婚するわけだし
あっちの家のほうがどう考えても大きいし

それに、お母さん仕事辞めてずっと家にいてくれるし
寂しくなんかないよね



あの、義理の兄さえいなければ!!




あたらしくお父さんになる人はいい人だし
お母さんのこと大事に思ってくれてるし
それは別にいいんだけど
問題は、あの男


きれいな顔はしてる
うん、なんであんなきれいなものが生息しているのか
調査したくなるほど美しい
美とは罪だ!って思うほどきれいだと思う


が、しかし!
人のこと小学生に間違えるし
なんだか話をしてみれば軽そうだし

あれは絶対に彼女何人もいるね
体だけの関係の女も何人もいるはずだ

きーーーー!そんな人と一つ屋根の下暮らすなんて
狼の群れに迷い込んだ羊じゃないんだから私は!
って、自分で羊っていうのもどうかと思うけど


お願い神様
どうか部屋は離れていることを望みます・・・・・





「あとは、お母さんの結婚式だけだね~」


「うん、でもこの年で結婚式をあげるなんて恥ずかしいような」



「いいじゃん!神崎さんたっての希望なんだし。お母さんまだ若いし」




神崎さんの希望で、家族だけで式を挙げることになっている
お母さんは恥ずかしいからいやだっていったんだけど
神崎さんは前の結婚で式を挙げていなかったらしくて
どうしても挙げたかったんだってさ

ま、私自身、お母さんのウエディングドレスを見るのもちょっと恥ずかしいんだけど
お母さんも、私のお父さんと結婚したときは若くて
式挙げてないって言っていたから
いい記念になるんじゃないかな?


あ、そうだ・・・お母さんが再婚するにあたって
私は、どうしても譲れないことがあったんだ
それだけは、どうしても言っておきたい



「あのね、お母さん」


「なに?」



「私・・・・お母さんが再婚して神崎の姓になっても、私は、藤井のままでいたいんだ・・・」





お母さんはお父さんと死に別れてから
お父さんの籍に入ったまま
だから、私はまだ藤井って名前でお父さんの籍に入っている
けど、お母さんは再婚するから、藤井から神崎に変わる
だけど、私は、ずっとこの名前を名乗っていたいから
だから・・・お願い、お母さん





「そうよね、今から苗字が変わるなんていやよね?いいわよ、ひながそうしたいんなら」



「ありがとう・・・」




お母さんの再婚を祝福している
だけどどこかで私はお父さんをなくしたくないと思っている
新しいお父さんがいやだとかそういうことじゃないんだけど






「なんで神崎の姓をなのらないんだ?」



「・・・・別に、あなたに関係ないじゃないですか!」




引越しの準備ができて、一休みをしていると
トラックに乗ってやってきた神崎親子
今日は土曜日、引越しは業者を頼まないで身内でやることになっていたから
この親子がやってきたというわけだ

正直、あんまり顔を見たくないんだよね
神崎息子!
あ、でも・・・一緒に暮らすんだから
神崎息子!って言い方おかしいかな?
なんて呼べばいいんだろうか・・・




「あなたって、悲しいな・・・お兄ちゃんって呼んで欲しいのに」



「いや、ちょっとそれは・・・」




死んでもお兄ちゃんなどと呼ぶものか!
あぁ、そう呼ぶと考えただけで虫唾が走る!
あなた・・・・だったら私とこいつが夫婦みたいだし
えぇっと・・・どうしよう


あ、そっか!極力名前を呼ばなきゃいいんだ!
なんだ私頭いい♪




「じゃあ、ひなちゃんは2階のこの部屋使ってね!」



と、お義父さんに言われた部屋は
広くてきれいでびっくり!
今まで私が住んでいた6畳の部屋とは大違い・・・・
うきゃ~~~~なんじゃこりゃ!!

しかも家具一式そろってる
こりゃ、荷物いらないって言うわけだ
あれ?隣にも部屋があるけど、誰の部屋かな?
こっちのほうが家の角になるから
日当たりもいいし窓も多いし
いい部屋だな~~




「何?俺の部屋になんか用事?」



「え・・・・?ここあんたの部屋?」



あまりにもきれいでのぞいてしまったけど
ここ、あんたの部屋なの?
ってことは
部屋となりってこと?
なんでこんなに部屋がたくさんあるのに
あえて隣なの?
ちょっと!お義父さん!?
あなた年頃の女の子の気持ちってもんが何もわかってないっすね?


ま、まあ?
この人私を小学生と間違えたくらいだし
襲われることはないと思うけど
この男が女を連れ込んでいちゃこらするのは間違いない!
違いない!!
そんな声が夜な夜な聞こえてきたら・・・・

眠れない!



しかし・・・男の人なのに部屋きれいだな
お父さんと2人暮らしでしょ?
家広いけど、別に使用人がいるとかじゃないよね?
じゃあ、この人が部屋をきれいにしてるの?
見かけによらずきれい好き?





「夜、寂しくて眠れなかったら、いつでも入ってきていいからね」


「まあ、どうでもいい心使いありがとう・・・・大いに遠慮させてもらいます」




ふん!その笑顔でどれだけの女をとりこにしたか知らないが!
私には通用しないぞこのやろう!

さっさと部屋に荷物いれて片付けちゃお!
こんな人知らない知らない!





「少し持ってやるよ」



「大丈夫です!」



「強がるなよ!腕振るえてる」




く・・・・見破られたか!
って、あ!その箱には私の・・・下着が!!




「あれ?これ・・・・」



「見るな~~~~~!!」




急いでそいつの手から下着を取り上げる!は、恥ずかしい見られた
男に下着を見られた・・・




「ふ~ん・・・Bカップか・・・意外とあるんだな、背の割りに」




こいつ・・・・
絶対にお兄ちゃんなんて呼んでやるものか!
それどころか、一発・・・・殴ってやる!




「ひとこと余計なんだよ!このスケベやろう!!」




私の右ストレートが見事に決まって
夜は更けていったのである・・・・・








「あ~~~いい天気!絶好の結婚式日和!」



今日はお母さんの結婚式
朝から家の中はばたばた言っている
あの男はというと・・・・

あ、頬、少しはれてる・・・・ちょっと力入れすぎたかな?





「よ!昨日は良く眠れたか?」



「え、はい、まあ」





なんでこの人こんな普通に話しかけてくるんだろう
私、昨日殴ったんだよ?
無視されると思ったのに
変な人・・・・

ここは、私が謝っておくべきなんだろうか



「あの、頬・・・・」



「あぁ、これ?少しくらい傷がついたほうが、男らしいだろ?」





この人・・・・もしかして、ちょっと頭おかしい?
じゃなかったら、私が気にしないように
わざと振舞ってる?


なんだろ、ちょっと・・・罪悪感



「ま、いいから、ひなも早く着替えて会場にいくぞ!」




「あ、はい・・・」





少しだけ、ほんの少しだけ
いい人かもって思ってやってもいいかな~なんて思った
うん、ほんのちょっとだけどね!





式は、小さな教会で身内だけで行われた
真っ白なウエディングドレスに身を包んだお母さんは
いつも以上にきれいだった
思わず涙がこぼれてしまった・・・

よかったねお母さん
幸せになってね・・・




教会を出て、ブーケトスが行われる
親戚の独身女性たちが私が取ると意気込んで
ギューギューおしくら饅頭状態・・・

私は、その様子を一歩下がってみていた
そこに、神崎息子がネクタイを緩めながらやってきた

くそ、何をやっても様になるな・・・・



「参加しなくていいのか?」



「いいです、私まだ15歳ですから」



「そうか?来年は16歳だぞ?結婚できるぞ?」



「いや、しないですから・・・・」


そんな事を言っている間に
お母さんはブーケを遠くに飛ばした

それは、女性陣の群れを飛び越して
私のとこまでやってきた

お母さん・・・・まさか私を狙った?


周りからは、残念・・・という声が響く

って、私がもらっていいんだろうか?





「よし、じゃあひなは俺が嫁にもらってやろう」



「はぁ?冗談はやめてください!」






さあ、これから始まる同居生活
いろんなことが起こりそうな予感・・・


体、ついていくかな・・・・いまからうんざりだ








ランキングに参加中です。クリックいただけるとうれしいです。
更新のはげみになります!




人気blogランキングへ


ゆったりTeaTimeしませんか? 青春生き残りゲーム、漫画版はこちら
10:25  |  Home sweet home  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

★サクラサル先生!こんにちは(^^)v

再婚に同意したひなちゃん。ちょっとした一大決心?・・・新たな幸せの第一歩ってところでしょうか??しかし・・神崎息子とひなちゃんとの間に微妙な・・何かがあるような・・・♪昼ドラを思わせる感じでしょうか??今からちょっとワクワクしながら続編まってます♪(^^)v
古田 |  2007年11月11日(日) 12:04 | URL 【コメント編集】

★おはようございます!

神崎息子は今までにないタイプですね~(^-^)!
サクラサル先生の作品の中の男性キャラクターで一番好きですね(^-^)

さて明日も楽しみに待ってます(^-^)
大地オサム! |  2007年11月12日(月) 08:46 | URL 【コメント編集】

古田さんへ

神崎息子とひなの同居生活が始まります!
これからいろんな事件が舞い起こる予定です!
また見にきてくださいね
サクラサル |  2007年11月12日(月) 12:56 | URL 【コメント編集】

大地さんへ

神崎息子、気に入ってくれました?
これからひなとの大変な同居生活が始まります。
たぶん大変なのはひなだけですが。
サクラサル |  2007年11月12日(月) 12:58 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://aoironotoki.blog109.fc2.com/tb.php/168-9d394afb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。