*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.28 (Fri)

青春生き残りゲーム 第7話-21

「私はそういうことを聞きたいんじゃないの!あんたの気持ちを聞いてるの!ななちゃんのことを好きなのか嫌いなのかをきいてるの!」

「だから、オレが思ってること」

「なんであんたは自分の気持ちをごまかすの!ふざけないでよ!こっちは真面目に聞いてるのに!」


香奈ちゃんもういいんだよ
分かったから、私…
もう玲一のそばにいられないこと
よくわかったから


「ヒメ?」
「帰る」
「待てよ!」
「放して!」

森村くんに捕まってしまって動けない
私の手首をつかんだまま森村くんは立ち上がって
玲一の名前を呼んだ

「真…?」
「森村くん?それにななちゃん!?」

2人が驚いてこちらを見上げる
私は2人を見ることが出来なくてうつむいてしまった
どんな顔をしていいのかわからないし
一刻も早くここから立ち去りたいのに
森村くんが私の手を握る力が強くて逃げられない


「ふざけんなよ玲一!ヒメはな!お前に自分の気持ちをちゃんと伝えたんだぞ!
お前だってお前が思っていること正直に伝えるべきだろ!」

「森村くん!いいから!」

「いいわけない!お前が!お前がそんな態度なら!ヒメはオレがもらう!」

そう言って森村くんは私の手を引き
強引に私を抱き寄せた

「変なこと言わないで!もらうとかもらわないとかそういういことじゃないでしょ!」
「変なこと言ってるのは玲一のほうだろ!絶対に自分の本音を言わない!ヒメのこと傷つけるだけ!こんなやつのどこがいいんだ!」

私を抱きしめている力が緩んだ
その好きに私は森村くんから離れて
玲一のほうを見た
玲一はただ黙って下を向いていた

「玲一…どうなんだよ?オレがヒメをもらってもいいのか?」

森村くんの問いに玲一は顔を上げる
そして一瞬だけ私を見て
すぐに目を伏せた



「それは…」


「それはななが決めることだから」



いつも応援ありがとうございます(^▽^)










  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説7話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。