*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.24 (Mon)

青春生き残りゲーム 第7話-19

香奈ちゃんは腕を組んで玲一を見上げている
その目つきは鋭くて
見てると言うより睨んでいるという感じだ

玲一は香奈ちゃんと目を合わせようとしない
目線は下を向いていた

「氷室さ」

最初に口を開いたのは香奈ちゃんだった
口調からしてすでに怒っている

「ななちゃんのこと、どう思ってるの?」
「はあ?」



思わず私も玲一と同じ声を出してしまった
香奈ちゃん何を聞いてるの?

「今朝、ななちゃんが言ってた
あんたが別に私たちのことを憎んでしたわけじゃないって
それだけは分かってほしいって」

「ななが?」

「あんたに散々傷つけられてるのに
まだあんたをかばうの!すごいよね?
ななちゃんにこんなに思われてどう思ってる?
私は正直うらやましいし、憎たらしい
けど、ななちゃんに免じて私あんたがしたこと許そうと思って
でもそのかわり、あんたがななちゃんをどう思っているか教えなさいよ」



香奈ちゃん…

「玲一に何を聞いてるの…」
「いいじゃん」
「なんで」
「オレも知りたい」

知りたいって、森村くん知ってるじゃない
この間、玲一と話をしていたじゃん
私のことどう思ってるか聞かせろって
それで玲一の答えは「友達としか思ってない」だったじゃんか
それに昨日、私が告白した現場も見てるじゃん
オレと関わらないほうがいいとか言われてるの見てたじゃんか
でも、もしかしたらって
少しだけ期待しているところもあるんだけど




いつも応援ありがとうございます(^▽^)










  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説7話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。