*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.31 (Fri)

青春生き残りゲーム 第7話-8

「あの、玲一着替えありがとう」
「いや、別に…気にするな」

玲一は私と目を合わさない
少し悲しいけど、さっきまでいろいろあったし
当たり前だよねと自分を納得させる

「姫条さん、お茶でもどう?」

玲一のお父さんが優しく微笑む
それを見ていたらなんだか胸が落ち着く
玲一が笑ったみたいに見えるからかもしれない
親子なんだな、そっくりだ
でも、ゆっくりしているわけにもいかないから
私は「いえ、帰ります」と首を振った

玲一はキッチンから出ていき
すぐに私の鞄と制服を持って帰っていた
それを受取ろうと手をだしたら制されてしまった

「送ってく」
「え?いいよ!1人で帰れる…」
「いいから」
「じゃあ荷物…」
「いいから」

玲一がキッチンを出て玄関に向かった
私も後を追おうとしたら玲一のお父さんに呼び止められた
振り向くと同時に、手に何かを握らされた
手のひらをゆっくり開くとそこにあったのは
お父さんの名刺、そしてそれには大きく携帯番号が書かれていた

「これ…?」
「私のプライベートの電話番号、何かあったらここに連絡してくれていいから」
「なんで…?」

私の言葉に、玲一のお父さんはにっこりと笑うだけだった

「なな!早く帰らないと親父さんが心配するぞ!」
「あ!うん!」

私は玲一のお父さんに頭を下げて
玲一が待つ玄関へ向かった




いつも応援ありがとうございます(^▽^)










  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説7話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。