*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.01.05 (Sun)

青春生き残りゲーム 第6話-27

ヒメが俺の横を過ぎ去ってすぐに
玲一がヒメを追いかけるために走ってきた

玲一もオレの存在に気づいてないのか
通り過ぎようとしたから
オレは玲一の腕を思い切りつかんで
玲一の動きを止めてやった
その行動に驚いたのか
すげぇ目を見開いて
玲一はオレの顔を見た

「追いかけんな、今お前が追いかけてなんになるんだよ」
「・・・」
「お前が泣かせたんだぞ?何を考えてんだよ、本当」
「・・・」
「だんまりかよ!」

こいつ、ヒメのこと好きなくせに
なんで好きな奴からの告白拒否するわけ?
本当わかんない、謎
意味不明
もう一発ぶん殴ってやろうかと思って
左手を玲一に伸ばそうとしたら

ぴリピリピリと着信音が鳴った
玲一は何事もなかったかのように普通に電話にでた
でるか普通・・・

けど、出てくれて助かった
あのまま沈黙が続いたら
もしかしたらオレ玲一のこと殴ってた
もう確実



いつも応援ありがとうございます(^▽^)










  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説6話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。