*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.10.06 (Sun)

青春生き残りゲーム 第5話-12

走って2人を探している香奈ちゃんを見つけて
私はその場へ駆け寄っていった


「香奈ちゃん!」
「ななちゃん!氷室は?」

「大丈夫、それより2人は西校舎の3階にいるって!急ごう!」
「なんで?」
「玲一が教えてくれた!」


私の言葉に香奈ちゃんの足が止まる
どうしたの?急がなきゃと言っても
香奈ちゃんは動かない

「香奈ちゃん?」
「それ、信用していいの?」

不安、ううん・・・玲一に対する不信感でいっぱいなんだ
当たり前だ
してはいけないことを玲一は香奈ちゃんにしたんだから
でも

「私は玲一を信じてる!だから急ごう!」

私は、玲一が嘘をついているとは思わなかった
だから信じているし、信じたい

「・・・・・わかった」

私の気持ちが通じたのか、それは分からないけど
私たちは2人がいる場所に向かって走り出した



応援よろしくお願いします(^▽^)










  


テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説5話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。