*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.09.20 (Fri)

青春生き残りゲーム 第5話-4

「私が無理して鳥居とつきっているって・・・氷室がそう言ったの?」
「うん・・・」

香奈ちゃんの顔色がみるみる悪くなっていく
ごめんね・・・何もできなくて・・・
玲一を止められなくて

「ごめんね・・・」
「なんでななちゃんが謝るの?」

「悪いのは・・・高井たちじゃんか」
「でも、私・・・玲一を止められな「ちがうよ!」

私の声を遮るように、香奈ちゃんは大声を出した
びっくりして言葉が喉の奥に引っ込む

「私にも・・悪いところがあったんだ」
「香奈ちゃん?」
「ちゃんと、鳥居の気持ちに応えてあげられなかった・・・鳥居はずっと不安だったんだ
私にちゃんと好かれているのか・・・」


「わかっていたのに、私は恥ずかしくて何も言えなかっただから」


私が悪い・・・
香奈ちゃんはうつむいて、今にも泣きそうで
少し震えている

「・・・じゃあ、早く鳥居くんの誤解を鳥居に行こう」
「ななちゃん・・・?」

私まで落ち込んでいる場合じゃない
私が今できることをしなきゃ!



応援よろしくお願いします(^▽^)










  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説5話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。