*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.08.31 (Sat)

青春生き残りゲーム 第4話-38

香奈が見る風景

鳥居が来てくれるかわからないけど
私は電話を切ってすぐ屋上へ向かった
重たい扉を開けるとそこには真っ白に燃え尽きた森村くんがいた

「森村くん?何してるの?」
「・・・・・」
「ちょっと?」
「あ・・・あ・・・・」

森村くんはあ、あと言葉にならない声を発しながら
ふらふらと私に近づいてきた
こんな森村くんは初めてだ
気持ちが悪い

「有沢―!!オレどうしよう!」
そう言って私の体にギュッとしがみついてきた
「何!何すんのよ!!」
「有沢、オレどうしよう!ってか、有沢の体硬い!ヒメと違う!」
「抱き着いておいて失礼な!」

思い切り森村くんのお腹にパンチをした
うずくまってしまったのは私の所為じゃない
自業自得だ


「さっきはごめん、ちょっと知った顔を見たら緩んじゃって」
「別に、いいけど何かあったの?」
「うん、あのさ・・・ヒメのことなんだけど」

何か言いたそうなのに、モジモジしたまま森村くんは何も言わない
そんな態度されると気になっちゃうんだけど
一体ななちゃんに何があったんだろう

「あのさ・・・ヒメと玲一って」
「うん」

やっと森村くんが話てくれた内容に私はびっくりした
ななちゃんと氷室が同じベッドで寝た?
それってさ、そういうことをしたとかしてないとか
そういう次元の話?
でも、私ななちゃんからそんなこと聞いたことないし!

「私はそんなこと聞いてないよ!」
「じゃあ、玲一の嘘なんかな」
「そうだよ!そうに決まってる!」

ななちゃんが・・・ななちゃんが付き合ってもいない男とそんなことするはずがない
きっと氷室が森村くんを牽制するために言った出まかせに違いない
そう信じたい




応援よろしくお願いします(^▽^)










  

テーマ : 自作小説 - ジャンル : 小説・文学

10:00  |  青春小説4話  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。